厚木・愛川・清川版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 無料送迎バス運行へ

    荻野運動公園

    無料送迎バス運行へ 社会

    高齢者の運動機会を創出

     厚木市荻野運動公園(厚木市中荻野)の指定管理者である荻野運動公園マネジメント共同企業体では、トレーニング室やプールなどの施設利用者を対象とした、無料送迎バスの...(続きを読む)

    2月28日号

  • 教育や子育てに重点

    愛川町当初予算案

    教育や子育てに重点 社会

    一般会計は124億7千万

     愛川町(小野澤豊町長)は2月20日、2020年度の当初予算案を発表した。一般会計は124億7千万円(前年度比0・5%増)で、特別会計等を含めた予算総...(続きを読む)

    2月28日号

  • 待機児童対策で市と連携

    社会福祉法人新考会

    待機児童対策で市と連携 教育

    妻田北に4月から新施設

     厚木市妻田北に4月1日から、新たな放課後児童クラブ「こばとKID,Sクラブ妻田」が開所する。運営するのは(社福)新考会。同法人初の放課後児童クラブとして、清水...(続きを読む)

    2月21日号

  • あつぎ元気プラン総仕上げ

    厚木市当初予算案

    あつぎ元気プラン総仕上げ 経済

    一般会計は859億円

     厚木市(小林常良市長)は2月13日、2020年度の当初予算案「あつぎの元気大輪予算2020」を発表した。第9次厚木市総合計画「あつぎ元気プラン」の最終年度とし...(続きを読む)

    2月21日号

  • NZサッカー協会と調印

    厚木市

    NZサッカー協会と調印 スポーツ

    東京2020 代表チーム7月事前合宿

     東京オリンピック2020大会まで164日となった2月11日、ニュージーランド(以下NZ)のホストタウンに登録している厚木市はNZサッカー協会と事前キャンプに関...(続きを読む)

    2月14日号

  • 本厚木駅南口に新駐輪場

    本厚木駅南口に新駐輪場 社会

    労基署跡に4月オープン

     厚木市旭町の労働基準監督署跡地に、4月から旭町2丁目自転車等駐車場(厚木市旭町2の2の1)が新たにオープンする。本厚木駅南口に市営の自転車駐輪場が整備されるの...(続きを読む)

    2月14日号

  • 郷土資料館跡に移転へ

    厚木北児童館

    郷土資料館跡に移転へ 社会

    安全性、利便性を考慮

     厚木北児童館(厚木市元町9の5)の移転、再整備に向け、厚木市は移転先を厚木郷土資料館跡地(同寿町3の15の26)で進める基本方針(案)を1月に発表した。市青少...(続きを読む)

    2月7日号

  • 厚木市は1人

    待機児童

    厚木市は1人 教育

    愛川町は17人、清川村は0人

     神奈川県はこのほど、2019年10月1日現在の県内の保育所等利用待機児童数が3190人となり、2018年同月と比べ603人減少したと発表した。厚木市は1人(同...(続きを読む)

    2月7日号

  • 厚木市と愛川町から受賞

    県優良工場表彰

    厚木市と愛川町から受賞 経済

    大久保歯車(株)と(株)ロボット工業

     神奈川県はこのほど、ものづくり産業の発展に貢献している企業を顕彰するため「2020年度優良工場」として15工場を表彰。厚木市からは大久保歯車工業株式会社、愛川...(続きを読む)

    1月31日号

  • 多世代の憩いの場に

    あさひ公園(厚木市旭町)

    多世代の憩いの場に 社会

    2月24日にオープン

     現在、リニューアル工事が進む厚木市旭町の「あさひ公園」。再整備の工事も大詰めを迎えており、いよいよ2月24日にオープンする。市公園緑地課では、「本厚...(続きを読む)

    1月31日号

  • 25年度整備完了めざす

    中町2-2地区

    25年度整備完了めざす 政治

    厚木市 基本計画を策定

     厚木市はこのほど、本厚木駅のバスセンター東側付近(中町2-2地区)への市庁舎移転等を盛り込んだ「厚木市複合施設等整備基本計画」を策定した。同計画によると約90...(続きを読む)

    1月24日号

  • 開館1年で来場4万人超

    あつぎ郷土博物館

    開館1年で来場4万人超 文化

    駐車場も昨夏に40台増設

     1月27日に開館1周年を迎えるあつぎ郷土博物館(厚木市下川入)。オープンからの来館者数は4万人を超え、当初の想定を上回った。同館を管理する市文化財保護課の増田...(続きを読む)

    1月24日号

  • 公共施設予約スマホで

    マイタウンクラブ

    公共施設予約スマホで 社会

    リニューアルで使いやすく

     厚木市を中心に愛川町、清川村の公共施設予約など、生活に密着した各種インターネットサービスが利用できる「マイタウンクラブ」。現在、社会環境の変化に合わせた全面的...(続きを読む)

    1月17日号

  • 活力と魅力あふれる清川に

    活力と魅力あふれる清川に 社会

    村長新春インタビュー

     2020年の幕開けにあたり、本紙では岩澤吉美清川村長に恒例の新春インタビューを行った。岩澤村長は教育・福祉の環境整備や村内活性化策、村の将来像などについて意欲...(続きを読む)

    1月17日号

  • 寄り添い心通う愛川へ

    寄り添い心通う愛川へ 社会

    町長新春インタビュー

     2020年の幕開けにあたり、本紙では小野澤豊愛川町長に恒例の新春インタビューを行った。小野澤町長は、温かい中学校給食の実現や横須賀水道半原水源地跡地利活用など...(続きを読む)

    1月10日号

  • 2,906人が門出

    成人式

    2,906人が門出 社会

    愛川町12日、厚木市・清川村13日に実施

     1月13日は成人の日。本紙発行エリアの厚木市、愛川町、清川村でも成人式が実施される。今年成人を迎えるのは1999(平成11)年4月2日から2000(...(続きを読む)

    1月10日号

  • 「元気プラン」集大成へ

    厚木市

    「元気プラン」集大成へ 政治

    市長新春インタビュー

     2020年の幕開け―。令和の時代に突入し、今年は56年ぶりのオリンピック・パラリンピックイヤー。ホストタウンとなる厚木市内も盛り上がりを見せている。本紙では新...(続きを読む)

    1月1日号

  • 「球界代表する投手に」

    井上広輝さん(厚木市出身)

    「球界代表する投手に」 スポーツ

    西武L(ライオンズ)での活躍誓う

     埼玉西武ライオンズからドラフト6位指名を受け、今年から活躍の舞台をプロ野球に移す井上広輝(ひろき)さん(日本大学第三高等学校3年/厚木市恩名出身)。...(続きを読む)

    1月1日号

  • 大貫桜和さんに農水相賞

    大貫桜和さんに農水相賞 教育

    「ごはん・お米とわたし」コンクール

     第44回「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクール(主催/都道府県農業協同組合中央会・全国農業協同組合中央会ほか)の審査結果が12月9日に発表され、作文部門...(続きを読む)

    12月20日号

  • 学びに新たな「可能性」

    清川村

    学びに新たな「可能性」 教育

    全小中学生にタブレット

     2020年度からの次期学習指導要領を見据え清川村が11月1日から、村立小中学校の全児童・生徒・教職員に1人1台(計252台)、タブレット端末を導入した。村の教...(続きを読む)

    12月20日号

  • 関係者らの想い実り再建

    鳶尾山金毘羅神社

    関係者らの想い実り再建 文化

    焼失から68年ぶり

     1951年(昭和26年)に焼失した『鳶尾山 金毘羅神社』が、関係者や地元支援者らの手により、このほど鳶尾山展望台近くの元あった場所に再建された。12月22日(...(続きを読む)

    12月13日号

  • 村おこしで快挙

    清川村特産ソーセージ

    村おこしで快挙 社会

    日本IFFAで金賞

     清川村が特産品として開発している清川恵水ポークを使ったあらびきソーセージが「2019年度日本IFFAコンテスト」のソーセージ部門で金賞を獲得。11月25日に東...(続きを読む)

    12月13日号

  • 6基の新水槽が完成

    あゆ種苗センター

    6基の新水槽が完成 社会

    5tの生産量増見込む

     あゆを中間育成する施設・厚木あゆ種苗センター(厚木市三田1928)の水槽増設工事がこのほど完了した。これにより、あゆの生産量がこれまでの年間約3tか...(続きを読む)

    12月6日号

  • 夢未市が10周年

    JAあつぎ

    夢未市が10周年 経済

    今日から8日まで記念祭

     JAあつぎ(大貫盛雄代表理事組合長)のファーマーズマーケット「夢未市」(厚木市温水255)が今日12月6日(金)にオープン10周年を迎えた。厚木エリアの台所と...(続きを読む)

    12月6日号

  • 和裁ひとすじ、半世紀

    神奈川の名工

    和裁ひとすじ、半世紀 文化

    厚木市から軍司さんが受賞

     神奈川県は11月6日、2019年度の「神奈川の名工(神奈川県卓越技能者)」の受賞者30人を発表。厚木市からは、和服仕立職の軍司たつ子さん(68/愛名)が、唯一...(続きを読む)

    11月29日号

  • 小鮎小PTAが大臣表彰

    小鮎小PTAが大臣表彰 教育

    「地域とのつながり」評価

     厚木市立小鮎小学校PTA(成田敦会長/会員373人)が11月15日、東京都のホテルニューオータニで、2019年度の優良PTA文部科学大臣表彰を受けた。「保護者...(続きを読む)

    11月29日号

  • 南蛮屋本店が受賞

    県優良小売店舗表彰

    南蛮屋本店が受賞 文化

     炭火焙煎コーヒー店

     2019年度神奈川県優良小売店舗表彰が11月7日に発表された。県内で中小小売業または飲食店を営む店舗の中から、真心尽くしたサービスと味や技が自慢の34店舗が表...(続きを読む)

    11月22日号

  • 荻野で2度目の実証運行

    厚木市

    荻野で2度目の実証運行 社会

    「地域コミュ交通」実現へ向け

     日常生活に必要な移動手段を確保し、地域包括ケア社会の実現のために注目される地域コミュニティ交通システムの導入。厚木市は昨年、荻野地区(鳶尾、まつかげ台・みはる...(続きを読む)

    11月22日号

  • 神奈川工科大から初出場

    技能五輪全国大会

    神奈川工科大から初出場 教育

    移動式ロボット職種で腕試す

     神奈川工科大学ホームエレクトロニクス開発学科の小川実結人(みゆと)さん(3年)と藤田優一郎さん(1年)が、本日11月15日(金)から18日(月)まで愛知県で行...(続きを読む)

    11月15日号

  • 地域一丸で125周年祝福

    愛川町立高峰小

    地域一丸で125周年祝福 教育

    ドローンで人文字撮影

     愛川町立高峰小学校(伊従(いより)京子校長)で11月9日、創立125周年を記念した人文字作りが行われた。人文字は上空から無人航空機(ドローン)で撮影。全校児童...(続きを読む)

    11月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月28日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

看護職 働き方は無限大

看護職 働き方は無限大

3月1日 合同就職相談会

3月1日~3月1日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月28日号

お問い合わせ

外部リンク