厚木・愛川・清川版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 「将来への想い」新たに設定

    厚木市総合計画

    「将来への想い」新たに設定 社会

    基本構想 PC(パブリックコメント)で意見求める

     厚木市は、2021年度からスタートする第10次厚木市総合計画の基本構想案をこのほど発表した。10次計画では、これまでなかった「将来都市像の実現に向けた想い、基...(続きを読む)

    9月18日号

  • 永里優季選手はやぶさ入団

    W杯優勝元なでしこJ

    永里優季選手はやぶさ入団 スポーツ

    男子サッカーに挑戦

     元なでしこジャパンで2011年FIFA女子ワールドカップの優勝メンバーでもある永里優季選手(33)が、厚木市から将来のJリーグ参入をめざす「はやぶさイレブン」...(続きを読む)

    9月18日号

  • 中学校も「温かい給食」

    愛川町

    中学校も「温かい給食」 社会

    県内初の全校親子方式

     愛川町の町立中学校3校で9月4日から、温かい中学校給食の提供が始まった。近隣の小学校の給食室で中学校分の給食もまとめて調理して配送する「親子方式」を採用するこ...(続きを読む)

    9月11日号

  • 3自治体とも開催へ

    2021年成人式

    3自治体とも開催へ 社会

    2回開催や時間短縮で対応

     コロナ禍において来年の成人式の開催が全国的に危惧されるなか、地元の厚木市、愛川町、清川村は開催する意向を打ち出した。密を避けるために地域ごとに2回に分けたり、...(続きを読む)

    9月11日号

  • コミバス継続運行へ

    厚木市

    コミバス継続運行へ 社会

    地域密着の交通手段めざす

     地域コミュニティ交通システム導入に向け、厚木市内荻野地区で昨年・一昨年度と行われたジャンボタクシーによるコミュニティバスの実証運行。厚木市ではこのほど、同地区...(続きを読む)

    9月4日号

  • LINEアカウント開設

    厚木市

    LINEアカウント開設 社会

    緊急・防災情報を配信

     厚木市では、国内利用者が最も多いSNSであるLINEの公式アカウントを開設、8月24日から運用を開始している。新たな情報発信ツールとして活用し、緊急情報や防災...(続きを読む)

    9月4日号

  • 消防団に救命ボート配備

    厚木市

    消防団に救命ボート配備 社会

    迅速な救助活動に期待

     厚木市は、災害時の洪水浸水対策の一環として8月20日、救命ボートを市内消防団の各分団に配備した。大型化する台風や局地的な大雨に備えるためで、市消防本部では、「...(続きを読む)

    8月28日号

  • 2学期を開始

    依知南小学校

    2学期を開始 教育

    全校PCR クラスター乗り越え

     新型コロナウイルスのクラスター(感染集団)が発生した依知南小学校(厚木市下依知)。このほど全校児童・教職員のPCR検査を終え、予定より8日遅れとなる、8月27...(続きを読む)

    8月28日号

  • 「ネット中継から投票を」

    厚木市外部評価

    「ネット中継から投票を」 社会

    コロナ対策で傍聴はなし

     厚木市の事業を厚木市民が評価する「外部評価」が8月29日(土)午後1時から、厚木市役所で開催される。今年は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の一環で、会場で...(続きを読む)

    8月21日号

  • 資金確保に初のCF(クラウドファンディング)

    厚木市立病院

    資金確保に初のCF(クラウドファンディング) 社会

    DMATの車両を更新

     厚木市立病院(長谷川節院長)では、災害派遣医療チーム(DMAT)の車両を購入するため、8月3日からふるさと納税の制度を利用したクラウドファンディングを開始。6...(続きを読む)

    8月21日号

  • ドローン活用の5者協定

    県内初

    ドローン活用の5者協定 社会

    災害支援対策を強化

     厚木市、愛川町、清川村、厚木警察署、(株)エーブレインによる、県内初の無人航空機(ドローン)を活用した災害支援に関する5者協定が、8月1日に締結された。災害時...(続きを読む)

    8月14日号

  • 大山ケーブル 夜間運行

    大山ケーブル 夜間運行 社会

    16日までライトアップも

     今年は近場でのんびりと―。真夏の夜を涼しい大山で過ごしてもらおうと、大山観光電鉄株式会社(金子茂浩取締役社長)が大山ケーブルカーの夜間延長運行と沿線のライトア...(続きを読む)

    8月14日号

  • 成年後見制度の利用増へ

    厚木市権利擁護支援センター

    成年後見制度の利用増へ 社会

    中核機関に位置づけ

     障がい者や認知症の人の権利を擁護し、生活を支える成年後見制度の利用促進を担う「厚木市権利擁護支援センター」が8月から地域連携の中核機関としてリニューアルした。...(続きを読む)

    8月7日号

  • 教員の負担軽減に一助

    スクール・サポート・スタッフ

    教員の負担軽減に一助 教育

    厚木市内全小中学校に配置

     厚木市では7月から、新型コロナウイルス感染症対策の強化を図るため、授業準備や感染症防止業務など、教員をサポートする「スクール・サポート・スタッフ」を新たに23...(続きを読む)

    8月7日号

  • 商業活性化へ3つの支援

    厚木市

    商業活性化へ3つの支援 経済

    販売促進、消費喚起に期待

     小林常良厚木市長は、7月21日の定例会見で新型コロナウイルス感染症の影響を受ける商業の活性化を図るため、予算総額3億7600万円になる3つの支援策を打ち出した...(続きを読む)

    7月31日号

  • メッセージボールでエール

    メッセージボールでエール スポーツ

    市少年サッカーからNZ協会へ

     東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会でニュージーランド(以下NZ)のホストタウンとして登録されている厚木市。新型コロナによる大会延期によりキャンプ...(続きを読む)

    7月31日号

  • 準備組合年内設立めざす

    北口駅前再開発

    準備組合年内設立めざす 社会

    「広場改修にも取り組みたい」

     本厚木駅北口駅前の再開発事業について、2020年内にも再開発準備組合の設立をめざすことがこのほど明らかになった。市は、再開発と合わせて北口駅前広場の改修にも取...(続きを読む)

    7月24日号

  • コロナ対策で支援第2弾

    愛川町

    コロナ対策で支援第2弾 社会

    全世帯に商品券など

     愛川町では、新型コロナウイルス感染症対策として新たに2億6558万9千円の補正予算案を策定。7月21日に小野澤豊町長が記者発表した。新事業として町内全世帯への...(続きを読む)

    7月24日号

  • 初の夕涼みイベント

    宮ヶ瀬

    初の夕涼みイベント 社会

    23日から星空フードガーデン

     清川村の宮ヶ瀬水の郷イベント実行委員会が7月23日(木)から、「村の夕涼み 宮ヶ瀬星空フードガーデン」を開催する。新型コロナウイルス感染症拡大の影響などをうけ...(続きを読む)

    7月17日号

  • 4カ月ぶりに開放

    厚木市立小中学校グラウンド

    4カ月ぶりに開放 教育

    校庭に元気な声

     新型コロナウイルス感染症対策のため、3月4日から開放を休止していた厚木市立小・中学校のグラウンドが7月10日から開放された。コロナ感染拡大を防ぐため、対策を講...(続きを読む)

    7月17日号

  • 手作りマスクが好評

    障害者就労施設製

    手作りマスクが好評 スポーツ

    自立支援にも一助

     厚木市内の障害者就労施設が作成した布製マスクが好評で、市職員や自治会、企業などから注文が入り、すでに4000枚以上を受注。新型コロナウイルス感染拡大防止に一役...(続きを読む)

    7月10日号

  • 全戸にエコバッグ配布

    清川村

    全戸にエコバッグ配布 社会

    住民と取り組むSDGs

     全国で7月1日から始まったレジ袋有料化に伴い、清川村が全戸にオリジナルのエコバッグを配布している。プラスチックごみを削減するとともに、国連の掲げるSDGs(※...(続きを読む)

    7月10日号

  • 観光支援に1億円

    厚木市

    観光支援に1億円 社会

    8月にクーポンやプレミアム商品券

     新型コロナ禍で影響を受けた厚木市内の観光業者を支援する「コロナに負けない!観光復興支援事業」などを盛り込んだ一般会計補正予算が6月30日、市議会第5...(続きを読む)

    7月3日号

  • 来館者5万人を達成

    あつぎ郷土博物館

    来館者5万人を達成 文化

    市長「改めて感謝」

     昨年1月に開館したあつぎ郷土博物館(厚木市下川入1366の4)の来館者が6月28日に5万人を達成した。 当日はセレモニーが行われ、記念...(続きを読む)

    7月3日号

  • 又村画伯の作品常設へ

    厚木市森林組合

    又村画伯の作品常設へ 文化

    木と墨のぬくもり溢れるコーナー

     厚木市森林組合(厚木市七沢237)の木工品直売所「木木(もくもく)館」に、水墨画家・又村和夫さん(厚木市妻田西・86)の作品コーナーが新設された。天然木の端材...(続きを読む)

    6月26日号

  • 過去最多の1854件

    19年度厚木児相虐待相談

    過去最多の1854件 教育

    前年から404人増

     神奈川県は6月4日、管轄する児童相談所で受け付けた2019年度の児童虐待相談件数を発表した。全体の件数は6704件で過去最多。厚木児童相談所の件数は...(続きを読む)

    6月19日号

  • 新給食センター事業者決定

    厚木市

    新給食センター事業者決定 教育

    22年9月に運用開始

     厚木市は5月26日、市内三田に整備する新たな市学校給食センターの事業に係る落札事業者を(株)東洋食品を代表企業とするグループに選定。今年10月上旬か...(続きを読む)

    6月19日号

  • ロコモ予防の拠点整備

    神奈川工科大学

    ロコモ予防の拠点整備 スポーツ

    地域の健康づくりをサポート

     神奈川工科大学が、4月に開設したロコモ予防の拠点施設「ロコモサポートステーション」(厚木市中町3の3の17/ITエクステンションセンター2階)。新型コロナウイ...(続きを読む)

    6月12日号

  • 「いのちを守る基金」新設

    愛川町

    「いのちを守る基金」新設 文化

    町民の寄付がきっかけ

     愛川町が5月11日、「いのちを守る基金」を創設した。今後の感染症に係わる地域経済対策や予防対策などに活用するための新たな基金で、町では募金箱を設置し幅広く寄付...(続きを読む)

    6月12日号

  • 厚木の夜空にも大輪

    全国一斉花火

    厚木の夜空にも大輪 社会

    ファイアート神奈川が参加

     社会を包む不安を払うように、闇夜に大輪が咲いた――。新型コロナウイルスの収束を願い、全国一斉に花火を打ち上げる「Cheer up!花火プロジェクト」。厚木市か...(続きを読む)

    6月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月11日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月18日号

お問い合わせ

外部リンク