厚木版

トップニュースの記事一覧

  • アユ育成水槽を増築

    アユ育成水槽を増築 文化

    安定供給と漁業振興めざす

     市内三田にある神奈川県内水面漁業協同組合連合会(山口芳郎代表理事会長)が所有するアユ中間育成施設「厚木あゆ種苗センター」の水槽増築工事が、11月から着工となる...(続きを読む)

  • 厚木東と厚木商業 統合へ

    県立高校改革

    厚木東と厚木商業 統合へ 教育

    新校2024年度開設予定

     神奈川県教育委員会が、10月1日に公表した県立高校改革実施計画II期案で、市内王子の厚木東高校(村越みどり校長・生徒数833人)と厚木商業高校(伏見勉校長・生...(続きを読む)

  • 地域でエネシステム構築

    本厚木駅前2-2地区

    地域でエネシステム構築 経済

    産官学が連携し調査開始

     地域単位で賢くエネルギーを利用する、「スマートコミュニティ」を実現するための導入可能性調査が、このほどスタートした。市が策定した厚木市新庁舎整備基本構想で、新...(続きを読む)

  • 4連続逆転勝利で快進撃

    厚木北高野球部

    4連続逆転勝利で快進撃 スポーツ

    あす6日準決勝、桐蔭学園戦

     厚木北高校野球部が快進撃を続けている。9月に開幕した県高等学校野球秋季県大会で、4試合連続の逆転劇で準決勝まで駒を進めた。同高が秋季大会でベスト4に進むのは初...(続きを読む)

  • 認知症に理解求めリレー

    RUN伴

    認知症に理解求めリレー 社会

    30日に啓発イベント

     認知症の当事者やその家族、支援者らがタスキをつなぎながらリレーする啓発イベント「RUN伴(らんとも)」が、9月30日(日)に厚木市内で行われる。主催者は「参加...(続きを読む)

  • 松蔭大が初出場

    福井国体女子バレー

    松蔭大が初出場 スポーツ

    宿敵・群馬を破り関東3位に

     第73回国民体育大会(福井しあわせ元気国体)のバレーボール成年女子の県代表として、松蔭大学(市内森の里)が初出場する。8月下旬の関東ブロック大会で、3年連続敗...(続きを読む)

  • 高齢者に定額タクシー券

    神奈中グループ

    高齢者に定額タクシー券 社会

    通院や買い物をサポート

     厚木・伊勢原市内の神奈中タクシーグループ4社が、両市内に住む70歳以上の高齢者を対象に、定額タクシーの実証実験を10月1日にスタートさせる。高齢者の日常の移動...(続きを読む)

  • 市内唯一のエース認定

    神奈川がんばる企業

    市内唯一のエース認定 経済

    防音・騒音対策の(株)静科

     神奈川県は8月28日、県内41企業を「神奈川がんばる企業」として認定。そのうち10社が選定される「神奈川がんばる企業エース」に、金田の製造業、株式会社静科(し...(続きを読む)

  • 安部名誉教授が邦人初受賞

    神奈川工科大

    安部名誉教授が邦人初受賞 経済

    自動車運転制御に関する世界的アワード

     アメリカ機械学会(=ASME)による、「ザ ウィリアム・F・ミリケン インバイテッド レクチャー アワード」に、神奈川工科大学の安部正人名誉教授(75)がこの...(続きを読む)

  • 「暮らしの保健室」オープン

    「暮らしの保健室」オープン 社会

    妻田東に相談拠点

     医療や暮らしの悩み事、困り事などを相談できる「暮らしの保健室」が9月27日(木)、妻田東にオープンする。市内初。室長の島崎菜穂子さんは「自宅でも病院でもない、...(続きを読む)

  • 地域の芸術リードし20年

    公募厚展

    地域の芸術リードし20年 文化

    会員の記念企画を開催中

     県央地区在住・在勤の作家が中心となり相互の研さんや、公募による新人の発掘育成を目的に1998年から始まった「厚展」が、11月に20周年を迎える。これを記念した...(続きを読む)

  • 飯山観音 車で行きやすく

    飯山観音 車で行きやすく 社会

    地域の要望 車道拡幅へ

     飯山観音の名で親しまれている飯上山長谷寺(ちょうこくじ)へと続く、山門脇の道路が拡幅される。工事を前に、地域住民を対象とした工事説明会が、8月29日に行われた...(続きを読む)

  • 市内初のソーラーシェアへ

    あつぎ市民発電所

    市内初のソーラーシェアへ 社会

    発電基金と支援者募る

     脱原発と再生可能エネルギーの普及をめざす、市民による団体・一般社団法人あつぎ市民発電所(遠藤睦子理事長)が7月に設立された。同団体では、活動の第1弾として、飯...(続きを読む)

  • 絆結んで10周年

    女声合唱団ヒーリングフレンズ

    絆結んで10周年 文化

    9月2日文化会館で公演

     女声合唱団ヒーリングフレンズ(渡辺絢乃団長)は結成10周年を記念して9月2日(日)、厚木市文化会館大ホールでコンサートを開催する。人間関係に悩みを抱えながらも...(続きを読む)

  • 3800万円の減収に

    厚木市ふるさと納税

    3800万円の減収に 社会

    税控除額は最多に

     ふるさと納税による厚木市の2017年度の減収額が約3800万円となり、前年度の約1800万円の増収から一転した。市外自治体への寄付額は年々増加しており、税控除...(続きを読む)

  • 介護ロボが厚木に集合

    介護ロボが厚木に集合 社会

    アミューで国際博覧会

     介護ロボットに触れ、体験することができる第4回国際介護ロボット博覧会が、明日8月25日(土)に中町のアミューあつぎ6階で開催される。午前10時から午後4時まで...(続きを読む)

  • 動物と共に歩む未来へ

    動物と共に歩む未来へ 社会

    23日に獣医師体験イベント

     9月の動物愛護週間を前に、動物愛護・体験イベントが8月23日(木)、アミューあつぎ5階あつぎアートギャラリーで行われる。合わせて本紙では、市内でのペット向けの...(続きを読む)

  • 市議会でタブレット導入

    市議会でタブレット導入 政治

    効率化、業務量減に期待

     厚木市議会(難波達哉議長)は、8月7日に開いた2018年第3回議会から、タブレット端末を導入した。プロジェクトチームでは、紙の削減とともに業務の効率化が図れる...(続きを読む)

  • 行衣で歴史を感じて

    伊勢原市

    行衣で歴史を感じて 文化

    山の日イベントでお目見え

     夏山シーズン(7月27日〜8月17日)を迎えた大山。この時期には関東一円から大山講の人々が白い行衣を身にまとい大山を訪れる。伊勢原市では、この日本遺産にも認定...(続きを読む)

  • 「多様性を認め合う社会に」

    「多様性を認め合う社会に」 社会

    18日 厚木でごちゃまぜフェス

     多様性や共生社会の意義について、楽しみながら体感できるお祭りイベント、「あつぎごちゃまぜフェス」が8月18日(土)、本厚木駅徒歩5分のアミューあつぎ8階で初め...(続きを読む)

  • 糸満市と友好都市締結へ

    厚木市

    糸満市と友好都市締結へ 政治

    4日 鮎まつりで調印

     厚木市は沖縄県糸満市と、友好都市を締結する。明日8月4日(土)の市内最大イベント「あつぎ鮎まつり」に合わせて、糸満市の交流訪問団が厚木市を訪れ、レンブラントホ...(続きを読む)

  • 再び挑む日本の頂点

    ボクシング

    再び挑む日本の頂点 スポーツ

    大坪選手がタイトルマッチ

     日本ボクシングの頂点に、厚木の青年が再び挑む。市内中町のT&Tボクシング・スポーツジムに所属する大坪タツヤ選手(28・岡田)が、8月9日(木)に後楽...(続きを読む)

  • 熱中症搬送1週間で40人

    厚木市

    熱中症搬送1週間で40人 社会

    7月23日には今夏最高36・9℃

     全国的な猛暑が続く今年の夏。埼玉県熊谷市で日本歴代最高の41・1℃を記録した7月23日、厚木市でも今年最高の36・9℃を記録(市消防本部気象観測装置調べ)。猛...(続きを読む)

  • 火星大接近で特別展示

    神奈川工科大学厚木市子ども科学館

    火星大接近で特別展示 文化

    5759万km先のロマンに迫る

     2003年以来、15年ぶりに地球と火星が「大接近」する。現在肉眼でも見える、赤く輝く惑星に親しんでもらおうと、神奈川工科大学厚木市子ども科学館(中町1の1の3...(続きを読む)

  • 山車が繋ぐ地域の輪

    厚木北元町自治会

    山車が繋ぐ地域の輪 文化

    若手の育成で活性化

     厚木北地区・元町(もとちょう)自治会に100年以上の歴史を持つ山車がある。先日行われた厚木神社の例大祭では、昨年に続き同町で山車が披露された。その山車をきっか...(続きを読む)

  • 24冊分の「東京五輪」

    船子在住勝又正博さん

    24冊分の「東京五輪」 社会

    新聞のスクラップを保管

     東京2020オリンピック・パラリンピックの開幕まであと2年。市内船子の勝又正博さん(79)は、1964(昭和39)年の東京五輪を伝える新聞記事のスクラップノー...(続きを読む)

  • 震度5弱で公演中止に

    市文化会館

    震度5弱で公演中止に 社会

    危機管理方針を作成

     市文化会館を管理する厚木市文化振興財団(平井広理事長/恩名)は、大規模災害の際に、公演の中止などを定めた、「厚木市文化会館危機管理基本方針」と「災害発生時対応...(続きを読む)

  • 「あつナビ」運用開始

    厚木市

    「あつナビ」運用開始 経済

    災害時は緊急伝言板に

     本厚木駅前北口広場に、電子看板・デジタルサイネージ「あつナビ」が8台設置され、7月1日から運用が始まった。交流人口の増加や定住促進、中心市街地の活性化を図るた...(続きを読む)

  • 涼を呼ぶ花玻璃(はなはり)の音

    厚木グラススタジオ島村さん

    涼を呼ぶ花玻璃(はなはり)の音 文化

    川崎大師風鈴市へ出品

     全国各地から900種類3万個の風鈴が並ぶ第23回川崎大師風鈴市(7月18日(水)〜22日(日))に、島村信一さん(72)が「あつぎ花玻璃ふうりん」を出品する。...(続きを読む)

  • 厚木で「ハイサイ!」

    厚木で「ハイサイ!」 社会

    市がかりゆしウェアを導入

     厚木市は6月25日、クールビズに合わせ、新たに沖縄県糸満市との友好都市締結に向けて「かりゆしウェア」着用での勤務を可能とした。 今まで...(続きを読む)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ワンだふるな一枚募集

ワンだふるな一枚募集

カフェあつめ木で111(ワンワンワン)写真展

10月19日~11月14日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク