厚木版 掲載号:2015年8月14日号
  • googleplus
  • LINE

戦後70年を経て、平和を考える 県会議員(民主党県連 広報委員長) さとう知一

平成21年9月 北方領土(国後・択捉島)を訪問
平成21年9月 北方領土(国後・択捉島)を訪問
 日本は戦後70年間、世界の国々の人を戦争で誰一人殺していません。この事実が平和国家としての日本の高い評価に繋がっています。

紛争地域の現場

 世界各地では、この瞬間にも戦火が上がっています。

 私自身、スリランカ内戦中、国からの助成支援金を受ける形で、スリランカに職業訓練学校を設立・運営する活動を長く続けました。

 領土をめぐる紛争の前線を同世代のアベイワルダナ国会議員(当時国務大臣)と共に廻りました。

 それまでも私はNZで、少林寺拳法指導員、タイの山岳民族やアフリカ諸国への支援等、国際交流活動の経験も多くありましたが、「日本人感覚では紛争現場に通用しない」という現実をこの時に知りました。

 戦争・紛争は、殺し合いです。戦争は正義の仮面をつけて忍び寄ると言いますが、双方「自分が正しい」と信じての殺し合いです。

祖父の戦争体験

 私の祖父は、小鮎地区の下古沢で生まれ育ち、戦争(トラック島で終戦)を経験した帰還兵でした。日本軍も見放したほど激しい戦闘が繰り返された地で、戦争を戦ったのです。

黒岩知事へ要請

 戦後70年となる節目の年、戦争の悲惨さや平和の尊さを次世代へ継承する施策の実現を強く求めました。

 黒岩知事からは、「戦争を二度と繰り返してはいけないという事を伝えていくのは、私たちの責務だ」との答弁がありました。

 私たちが平和な暮らしを享受できるのも、先の戦争で多くの尊い生命を失った反省からに他なりません。

 全ての御霊の冥福を祈り、世界平和の実現にむけて、力を尽くして参ります。

民主党県会議員 さとう知一

厚木市寿町1-2-3-101佐藤知一事務所

TEL:070-6407-3910

http://sato-tomokazu.com/

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版の意見広告・議会報告最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

テーマは「高齢者の居場所」

テーマは「高齢者の居場所」

2月20日に学習懇談会

2月20日~2月20日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク