厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年8月17日号 エリアトップへ

(PR)

医療レポート がん相談専用電話を設置 取材協力/社会医療法人社団 三思会 東名厚木病院

掲載号:2018年8月17日号

  • LINE
  • hatena
相談員の福田美香さん(社会福祉士)、深井杏実さん(同)、竹田英子さん(看護師)。「気軽にご相談ください」と話す
相談員の福田美香さん(社会福祉士)、深井杏実さん(同)、竹田英子さん(看護師)。「気軽にご相談ください」と話す

 船子の社会医療法人社団 三思会 東名厚木病院はこのほど、「がん相談支援センター」内に直通の専用ダイヤルを設置した。

 神奈川県の「がん診療連携指定病院」をめざす同院は、がん治療として手術、抗がん剤治療、放射線治療(リニアック)をはじめ、緩和ケア病棟も開設し、包括的ながん治療を提供している。

 同センターは、厚木市や近隣の住民が、がんについて相談しやすい環境を作ろうと、昨年10月に立ち上がった。すでに延べ1000件を超える相談に対応している。

 専用電話(【電話】046・229・2552)は平日、午前9時から午後4時まで。看護師や社会福祉士の資格をもつ、専任の相談員が対応する。相談は無料で、匿名でも可。患者や家族、友人、知人からも受付ける。在宅や転院、セカンドオピニオン、医療費等経済的な面の相談ができる。

 同センターでは患者や家族の交流サロンや、補正下着、ウィッグなどの勉強会を企画・運営するなど地域活動の幅を広げている。相談員たちは「地域に開かれた窓口として気軽に相談をして頂けたら」「やっとの思いで電話をしてきた方に、良かったと思ってもらえる対応をしたい」と話す。

三思会 東名厚木病院 がん相談支援センター

厚木市船子237

TEL:046-229-2552

https://www.tomei.or.jp/hospital/

厚木・愛川・清川版のピックアップ(PR)最新6

ABAセラピーで個別に療育支援

オープン

ABAセラピーで個別に療育支援

てらぴぁぽけっと本厚木教室

1月17日号

運動器から「丈夫な身体づくり」

医療レポートNo.22

運動器から「丈夫な身体づくり」

取材協力/とうめい厚木クリニック

1月17日号

わずかな採血で「がんリスク」を判定

わずかな採血で「がんリスク」を判定

男性6部位 女性9部位が対象

1月17日号

相続の無料相談会

相続の無料相談会

1月31日〜2月1日の2日間

1月17日号

”やせて太らない”ための食事法をレクチャー

40歳以上の方のための「健康ダイエット」教室

”やせて太らない”ための食事法をレクチャー

すでに7000人以上の女性が習得

1月10日号

「MYバレンタイン」開催

バレンタイン限定の婦人科検診 2月16日

「MYバレンタイン」開催

東名厚木メディカルサテライト

1月10日号

LINEで断水情報等を発信

LINEで断水情報等を発信

災害に備え県が登録呼び掛け

1月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク