厚木・愛川・清川版 掲載号:2022年3月25日号 エリアトップへ

横山 実のGOLF LIFE Vol.17 【17】傾斜からのショット〈その四〉左上がり

掲載号:2022年3月25日号

  • LINE
  • hatena

 左足上がりからのショットは、左足側が右足より高いので右足重心のショットになります。(右打ちの場合)右足に多くの体重がかかりますから、膝の高さが変わらないこと、ショット時に膝が流れ軸がぶれないように踏ん張る下半身の使い方が重要です。アドレス時の右膝の角度を内腿で踏ん張り維持することが重要です。

 

<ショットまでの手順>

【1】傾斜角に対し肩のラインを平行にする。

【2】前傾姿勢は通常と同じで右足重心にする。

【3】ボールの位置は通常よりやや右足寄り。

【4】傾斜に沿ってスイング

 

 ボールにクラブヘッドをぶつけるスイングをしますと、左側が高い傾斜ですから、クラブヘッドが振り抜けないので飛距離が出ず方向性も悪くなります。

 傾斜に沿ってスイングするようにしてください。急激なアウトサイドインの軌道はクラブヘッドの振り抜きが悪くなりますが、比較的にインサイドアウトの軌道(体側からターゲットラインの外側に振り抜く軌道)の方は打ちやすい傾斜だとも言えます。左足下がりと同じで傾斜角に対して肩のラインを平行にして立つことが重要です。また、右足に多くの重心がかかりますので右足の踏ん張りは必要です。クラブフェースは左足側が高いので上を向きますからロフトの角度が大きくなります。通常よりも飛距離が落ちますからクラブ選択は1〜2番手大きくても良いでしょう。傾斜角度が急な場合は、左足への重心移動がしづらいので、右足軸でのショットになりやすくボールが左に飛びやすいことも考慮しておきましょう。

◇著者紹介◇ PGA日本プロゴルフ協会会員 ティーチングプロ 横山 実

厚木・愛川・清川版のコラム最新6

思い出の夏

思い出の夏

8月5日号

なんとかする!

なんとかする!

7月1日号

横山 実のGOLF LIFE  Vol.17

横山 実のGOLF LIFE Vol.17

【17】 よりよいゴルフライフを〈最終回〉

6月17日号

音楽の森

♯みゅーじっくコラム♭

音楽の森

ピアニスト 倉本 卓(厚木市長谷在住)

6月17日号

馬琴と崋山

馬琴と崋山

5月6日号

スター誕生

スター誕生

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook