神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

(PR)

放射線によるがん治療へのアプローチ 医療レポートNo.41 「放射線も治療の選択に」 取材協力/東名厚木病院

公開:2022年11月25日

  • X
  • LINE
  • hatena
好きな言葉は「誠をもって人に接する」。院長を退き、宮ケ瀬へのドライブと愛犬の散歩が癒しのひととき。
好きな言葉は「誠をもって人に接する」。院長を退き、宮ケ瀬へのドライブと愛犬の散歩が癒しのひととき。

 日本人の死因第一位を占め続ける「がん(悪性新生物)」。手術療法・薬物療法と並び、三大治療の一つとなる「放射線療法」は、高齢化が進む現在では身体への負担が少ない治療法として注目されているという。県がん診療連携指定病院として放射線治療に力を入れる東名厚木病院・放射線治療センター長の山下巌医師に話を伺った。

 「以前は手術ができない人の治療法というイメージがあったが、放射線療法は機器も技術も大きく進歩し、部位によっては手術も放射線も同等という論文も出ています。まだ機器の揃う病院は少ないですが、切らずに痛みなく外来でもできる治療法です。選択肢の一つに考えてほしい」と山下医師。同センターでは、2017年に放射線治療装置(リニアック)を完備。東京大学医学部附属病院と専用ネットワーク回線で連携し、治療を行っているという。

緩和のための放射線

 また同院では、放射線療法による、がんの緩和ケアにも力を入れる。「放射線を当てることで、痛みの物質の抑制に繋がる方も多い。地域で完結するがん治療をめざし、QOL(生活の質)の向上に力を入れたい。入院による治療もしているので、痛みなど不安があれば相談を」と山下医師は話した。

東名厚木病院(がん相談支援センター)

厚木市船子232

TEL:046-229-2552

https://www.tomei.or.jp/hospital/

厚木・愛川・清川版のピックアップ(PR)最新6

手術支援ロボットとは

低侵襲で安全な手術をめざす 医療レポートNo.44

手術支援ロボットとは

取材協力/東名厚木病院

5月24日

ご当地キャラが人気

〈オリジナル防災ボトル〉

ご当地キャラが人気

自治会・団体のおまとめ向け

5月24日

電気工事よろず相談

電気工事よろず相談

厚木密着「ヒコちゃんのお助け隊」へ

5月17日

水・エネルギー体験イベント

「神奈川県水道記念館」が企画 参加無料

水・エネルギー体験イベント

5月17日

ロレックスと金を無料査定

おたからや

ロレックスと金を無料査定

モデルに応じて現金プレゼント

5月17日

美術品・骨董品を高価買取り

5月18日「お宝無料鑑定会」開催 出張査定も歓迎

美術品・骨董品を高価買取り

プロミティあつぎ1階(本厚木駅北口より徒歩4分)

5月10日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook