伊勢原版 掲載号:2020年7月24日号 エリアトップへ

伊勢原市 リーフレットで健康啓発 後期高齢者に初配布

社会

掲載号:2020年7月24日号

  • LINE
  • hatena
リーフレットをPRする市職員
リーフレットをPRする市職員

 伊勢原市は、75歳以上の市民約1万3000人を対象に、高齢者の保健事業と介護予防についてのリーフレットを初めて作成。7月16日付けの後期高齢者医療保険料通知に同封して配布した。製作は市健康づくり課、介護高齢課、保険年金課の3課。

 伊勢原市では今年度から高齢者の保健事業と介護予防の一体的事業を実施する。しかし新型コロナウイルス感染症の影響から、事業の一環である介護教室やミニサロンなど、人が集まる教室の開催が困難となったため、市独自のリーフレットで健康維持に関する情報を提供しようと考えた。デザインやレイアウトは全て担当課の職員が担当した。

 リーフレットは国の補助金を活用して製作。A3版両面カラーで、加齢に伴い心身の活力が低下し、介護が必要となる手前の状態になる「フレイル予防」のためのチェック表や簡単な体操のほか、お買い物メモや脳トレのためのクロスワードも掲載し「使える」リーフレットにした。市保険年金課の担当者は「高齢者が外出を控える中、孤立しないよう役に立つ情報を3課で打ち合わせを重ね、内容が偏らないように工夫した」と話す。リーフレットには各課の連絡先を入れ、市担当課に問合わせるきっかけにし、必要な他のサービスにつなげることにも活用したい考え。

 保健事業と介護予防の一体的事業は、国が2018年に有識者会議を立ち上げまとめたもの。両事業を一体化するためコーディネーターとして保健師を配置。介護教室などから得たデータを分析し、一人ひとりに必要な医療や介護サービスにつなげ、健康寿命の延伸や医療費の抑制などを目的としている。

伊勢原版のトップニュース最新6

大山ケーブル 夜間運行

大山ケーブル 夜間運行 社会

16日までライトアップも

8月14日号

ドローン活用の5者協定

県内初

ドローン活用の5者協定 社会

災害支援対策を強化

8月14日号

文化財保存活用で協議会

市教委

文化財保存活用で協議会 文化

地域計画作成のため設置

8月7日号

「あふりしゃも」誕生

(株)ヒンジス坂本養鶏

「あふりしゃも」誕生 社会

「地鶏でまちおこしを」

8月7日号

市初の指導救命士に

小林和弘さん

市初の指導救命士に 社会

豊富な知識と技術が評価

7月31日号

9月に夜空の映画館

9月に夜空の映画館 経済

市民有志らが企画

7月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 7月31日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月14日号

お問い合わせ

外部リンク