伊勢原版 掲載号:2021年10月1日号 エリアトップへ

国土交通大臣表彰 市内2団体が受賞 「みどりの愛護」功労者に

社会

掲載号:2021年10月1日号

  • LINE
  • hatena
公園を清掃する板戸第一有志会(上)と桜台ゲートボールの会
公園を清掃する板戸第一有志会(上)と桜台ゲートボールの会

 第32回「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰の受賞団体に、このほど市内から「板戸第一有志会」と「桜台ゲートボールの会」が選ばれた。2団体ともに、長きにわたり継続的かつ積極的に美化活動・緑化推進活動を行っていることが評価された。

 同表彰は、花と緑の愛護に顕著な功績のある民間団体に対して、その功績をたたえて表彰するもの。今回は全国で110団体が受賞した。

板戸第一有志会

 MIプラザ横の毘沙門池公園で活動する板戸第一有志会(田邉秀彌代表)は2009年に設立。田邉代表が地元ソフトボール仲間に声をかけ、有志で公園の清掃や草刈りを始めたことがきっかけ。「明るい公園にしよう」のスローガンをもとに、現在24人が参加。春と秋に花の植栽を行うほか、年に4回、公園内の草刈りや樹木の剪定、ゴミ拾いを集まって実施。また空いた時間でメンバーそれぞれが清掃活動などを行っている。田邉代表(76)は「熱意のある皆に支えられて続けられている。皆の活動が評価されてうれしい。今後も地域の方の心が和む公園にしていきたい」と意気込む。

桜台ゲートボールの会

 イトーヨーカドー横の下原公園で活動する桜台ゲートボールの会(石井道子会長)は2009年に設立。平日の4日間、公園でゲートボールを楽しむ仲間で結成され、現在7人で活動する。

 春と秋の花の植栽のほか、毎日ゲートボールを始める前に、公園内の清掃や、草刈り、枝の剪定、ごみ拾いなどを行っている。

 石井会長(74)は「いつもきれいにしていることが認められて嬉しい。日頃からゴミのない、きれいな公園を心掛けて活動している。今後も地域のために活動を続けていきたい」と話す。

 感謝状の授与式が9月25日に横須賀市内で開催される予定だったが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため延期されている。

伊勢原版のトップニュース最新6

プレミアム商品券を販売

商連

プレミアム商品券を販売 経済

割増し率30% 消費喚起に

12月3日号

文科大臣表彰を受賞

市スポーツ少年団

文科大臣表彰を受賞 スポーツ

青少年の健全育成に寄与

12月3日号

再開発へ新たな船出

伊勢原駅北口

再開発へ新たな船出 政治

準備組合が設立

11月26日号

65歳以上 1月に発送へ

ワクチン3回目接種券

65歳以上 1月に発送へ 経済

給付金「迅速かつ確実に」

11月26日号

素人落語家が集結

素人落語家が集結 文化

28日に初の大会実施へ

11月19日号

大澤日菜さんが最優秀賞

県文化財保護ポスター事業

大澤日菜さんが最優秀賞 教育

1年生に続き2回目

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook