伊勢原版 掲載号:2022年1月28日号 エリアトップへ

伊勢原市 災害時にドローン活用 NPOと協定締結

政治

掲載号:2022年1月28日号

  • LINE
  • hatena
ドローン飛行のデモンストレーションの様子
ドローン飛行のデモンストレーションの様子

 伊勢原市は1月24日、大規模災害時に無人航空機(ドローン)を活用して市内の被害状況を迅速に把握するため、NPO法人クライシスマッパーズ・ジャパン(古橋大地理事長/東京都調布市)と災害時協定を締結した。

 協定の名称は、「災害時における無人航空機(ドローン)による支援活動等に関する協定」。大規模災害時に、市からの要請を受け同法人からドローンと操縦士が派遣される。ドローンで撮影した航空写真をパソコン上の地図にマッピングし、被害状況を示す地図を同法人が作成し、市に提供される。

 市は被害状況をもとに、災害応急復旧活動に役立てる。災害時の要請に伴う費用は、同法人が負担する。

 同法人では同様の協定を全国で結んでいて今回が34例目。県内では大和市、相模原市、小田原市、茅ケ崎市に次いで5例目の締結となった。

 24日に市役所で行われた締結式には、高山松太郎市長と古橋理事長が出席。高山市長は「緊急時や災害時に、いかに対応を取るかが私どもに課せられた課題。災害は発生したときに、いち早い情報提供を受け、復旧復興に役立てていくかが求められている」と話し、「締結をもとに、しっかりと市民の安全安心のために取り組んでいきたい」と語った。

 古橋理事長は「これまでの経験から、発災当日にデータを提供できることが分かってきている。迅速に行うために、どこでドローンを飛ばすか離発着場所の調整をしていきたい」と話した。

 協定の締結後には、市民文化会館前広場でドローン飛行のデモンストレーションが行われた。この日は、全長2m13cmの国産ドローンを上空90mまで飛ばし、市役所周辺の航空写真を撮影。取得した情報を地図上にアップしていった。

協定書を手にする古橋理事長(左)と高山市長
協定書を手にする古橋理事長(左)と高山市長

伊勢原版のトップニュース最新6

湘南オリーブ振興へ協定

産業能率大学

湘南オリーブ振興へ協定 社会

二宮町と農場など産官学連携

5月13日号

天空の宮『阿夫利』奉納

下糟屋在住鈴木教之さん

天空の宮『阿夫利』奉納 文化

いせはら市展市長賞作品

5月13日号

下山までをトータルに

大山登山

下山までをトータルに 社会

モンベル主催で遭難対策研修

5月6日号

母の日前に出荷ピーク

ふじだな園

母の日前に出荷ピーク 社会

16種のカーネーション

5月6日号

休耕田が菜の花畑に

伊勢原市西富岡

休耕田が菜の花畑に 教育

地元児童がSDGs学ぶ

4月29日号

限定の絵馬を配布

厚木十二支寺社巡り

限定の絵馬を配布 社会

御朱印集めに特典

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook