綾瀬版 掲載号:2014年8月29日号 エリアトップへ

福祉拠点の「パン屋さん」 新たな障害者就労支援施設開所

文化

掲載号:2014年8月29日号

  • LINE
  • hatena
コミュニティースペースを備えた施設内
コミュニティースペースを備えた施設内

 市内に障害者の就労継続支援施設「エスポワール・パーネ(寺尾南2の4の7/榎本則幸施設長)」が、先月23日に開所した。買ったパンを店内で食べられるコミュニティースペースを備えたつくりで、障害を持つ人たちの就労の場にすると共に、地域福祉の情報発信の場としての役割も担っていく。

 エスポワール・パーネを運営するのは、大和市の社会福祉法人県央福祉会。同法人は市の障害者自立支援センター希望の家と、ばらの里も指定管理者として管理運営を行っている。

 今回開所した施設は、希望の家で作っているパンの販売先として県央福祉会が独自に整備した。ともしびショップむーへの納品や地域の催しなどでの不定期販売、1年半ほど前から始めた施設前販売などを行っていたが、地域の高齢者などから「近くで買えるパン屋さんが欲しい」という声が上がったのがきっかけだった。

 また、利用者(就労する障害者)から「人と接する仕事をしたい」「パンを売ってみたい」という要望があったのも、施設整備に踏み切るを後押しした。「接客をすることが利用者の自信に繋がるだけでなく、地域と接点ができることで障害を持つ人への理解も深まる。利点は多くあると思う」と榎本施設長は話している。

 店内では希望の家で作ったパンの他、施設内で焼いたパンの販売も行う。就労の際、利用者は実習という形で体験してから契約を結ぶ形をとる。今月すでに3人の実習が行われており、定員の10人を満たすまで募集を続けるという。

福祉相談にも対応

 店内に設置されたコミュニティースペースでは買ったパンを食べながら、職員や利用者と雑談をすることができる。会話の中で「こんなパンが欲しい」などの要望を聞き取り、柔軟に対応していく方針だという。

 「私も含め、ここで働いているのは福祉法人の職員なので、雑談だけでなく障害のあるお子さんを持つ方や高齢者など、福祉に関する相談ごとにも応じることができます」と話すのは、現場を担当する支援員の奥田芳美さん。気軽に足を運べる「地域福祉の拠点」として、今後の役割に期待が寄せられている。
 

綾瀬版のトップニュース最新6

名称原案に意見募集

綾瀬市

名称原案に意見募集 経済

スマートIC、名称決定へ

1月24日号

綾瀬が話芸のネタに

タウンレポート

綾瀬が話芸のネタに 文化

きょう午後にライブ本番

1月24日号

ひと月に約800人来場

高座クリーンセンター

ひと月に約800人来場 社会

地上50m展望室など人気

1月10日号

県展示11年ぶり巡回

県展示11年ぶり巡回 文化

かながわの遺跡展『縄文と弥生』

1月10日号

個性ある持続可能都市へ

2020(令和2)年新春市長インタビュー

個性ある持続可能都市へ 政治

子どもの教育と多文化共生に意欲

1月1日号

産業の拠点新たに

綾瀬市商工会新会館

産業の拠点新たに 経済

笠間会長「原点の結束・連携に回帰を」

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク