綾瀬版 掲載号:2016年4月22日号 エリアトップへ

笠間市長が引退を表明 「満了まで誠実に務めたい」

政治

掲載号:2016年4月22日号

  • LINE
  • hatena
報道陣の取材に応じる笠間市長
報道陣の取材に応じる笠間市長

 笠間城治郎市長(72)が今年7月10日に投開票が予定されている市長選に出馬せず、3期目の今期限りで引退することを表明した。市長は報道陣の取材に対し、「任期まで全身全霊で、誠実に務めさせていただきたい」と話した。市長選に関しては3月31日付で副市長を辞職した古塩政由氏(64)が同日、記者会見を開き出馬を表明している。

 笠間城治郎市長は4月8日、報道陣の前で引退する意向を述べた。一部支援者からは続投を望む声も上がっていたが、自身が定めた市長職連続3期を超えないよう努めるとする条例に則り、7月の選挙に出馬しないことを4月2日の後援会役員会で伝えたという。

 取材に対し市長は、「市民に約束した政策は80%以上実施できたと思う」と振り返り、市債の120億円削減や、役所の体質改善などを12年間の成果として挙げた。これまで行ってきた市民生活密着の施策を基に、近年では「綾瀬市をどう売りこむか」に少しずつ転換し、シティセールスに努めてきたとも説明した。

 後任に関しては、同日に立候補を表明した古塩氏を「様々な計画を一緒に立ててきたし、中には古塩さんの意見が入ったものもある。できましたら、という話をしたことはある」と、実質的な後継者である旨を示唆した。

前副市長が市長選出馬を表明 古塩氏「現市政の流れ受け継ぐ」

 任期満了に伴い7月10日投開票を予定している綾瀬市長選で、前副市長の古塩政由氏が4月8日に記者会見を開き、無所属で立候補する意向を示した。

 会見の席で同氏は、「10年間支えた笠間市政の流れを絶やさず、基本的な方法をしっかり受け継いだ上で市の発展に貢献したい」と話した。2017年度開通予定の(仮称)綾瀬スマートインターチェンジを活用した地域振興や、県内第4位の工業系企業集積数をもつ特性を活かした「ものづくりのまち」の確立などを、主な政策として挙げた。

 古塩氏は2006年まで県職員として勤務し、同年4月から綾瀬市の教育長に就任。2009年1月5日から今年3月31日まで、副市長を務めた。

元市議も出馬意向示す

 市長選には他に、前回出馬した元市議会議員の笠間信一郎氏(67)が、本紙取材に対し出馬の意向を示している。同氏は現在、後援会と政策方針などを詰めており、「固まりしだい正式な発表を行う」としている。
 

古塩政由氏
古塩政由氏

綾瀬版のトップニュース最新6

名称原案に意見募集

綾瀬市

名称原案に意見募集 経済

スマートIC、名称決定へ

1月24日号

綾瀬が話芸のネタに

タウンレポート

綾瀬が話芸のネタに 文化

きょう午後にライブ本番

1月24日号

ひと月に約800人来場

高座クリーンセンター

ひと月に約800人来場 社会

地上50m展望室など人気

1月10日号

県展示11年ぶり巡回

県展示11年ぶり巡回 文化

かながわの遺跡展『縄文と弥生』

1月10日号

個性ある持続可能都市へ

2020(令和2)年新春市長インタビュー

個性ある持続可能都市へ 政治

子どもの教育と多文化共生に意欲

1月1日号

産業の拠点新たに

綾瀬市商工会新会館

産業の拠点新たに 経済

笠間会長「原点の結束・連携に回帰を」

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク