綾瀬版 掲載号:2017年1月13日号 エリアトップへ

ドリームプレイウッズ管理運営委員会 内閣総理大臣表彰を受賞 地域一体での活動評価

教育

掲載号:2017年1月13日号

  • LINE
  • hatena
加藤勝信内閣府特命担当大臣(中央)と賞状を持つ渋谷委員長(左)
加藤勝信内閣府特命担当大臣(中央)と賞状を持つ渋谷委員長(左)

 冒険遊び場「ドリームプレイウッズ」(深谷中7の3071)の管理運営委員会(澁谷敏夫委員長)が、「子供と家族・若者応援団表彰」の子供・若者育成支援部門で、内閣総理大臣表彰を受賞した。地域住民が力を合わせ保全・整備を行ってきたことで利用者・運営者双方の異世代・地域間交流の場が創出され、地元・近隣含め毎日50〜100人の児童の利用があり活動が深く浸透していることが、評価された。

 同表彰は「子供・若者を育成支援する活動」や、「子育てと子育てを担う家族を支援する活動」において、顕著な功績があった企業や団体、個人に贈られる。今年度は内閣総理大臣表彰の2部門で5件、内閣府特命担当大臣表彰の2部門で31件が表彰を受けている。

 ドリームプレイウッズ設立のきっかけは、澁谷さんが市の社会教育委員を務めていた平成初期にさかのぼる。当時、ゲームの普及など外で遊ぶ子どもが減っていたことに対し、「そもそも遊ぶ場所がない。作れば外で遊ぶのでは」という話し合いがされていた。

 その後、澁谷さんと市の職員でメンバーを集め、1996年から遊び場となる土地探しを開始。場所の選定は難航したが、趣旨に賛同した地権者から「無償で提供したい」との申し出を受けたという。

 現地調査の結果、「ここなら面白い『冒険遊び場』が作れそう」と申し出を快諾。湧水があったことも、決め手の一つだった。

自由な遊び場として

 2001年4月から子どもたちの自由な遊び場「ドリームプレイウッズ」の具体的な検討が始まり、同年10月には市民有志による「子どもの遊びの森整備検討会」が設置された。

 翌年4月、公募で集まった約40人で管理運営委員会が発足。同年7月に「開森式」が行われ、「ケガと弁当は自分持ち」を基本理念に、自由な遊びや自主性、協調性、創造性を育む拠点として、ドリームプレイウッズがオープンした。

 現在、同委員会には53人のメンバーが所属し、子どもの見守りや遊具の点検、草むしりなどのほか、定例整備や会議、ホームページ運営、年4回の新聞発行などを行っている。また、日本の伝統文化や食文化、農業への理解を深めるためのイベントも定期的に開催。昨年度実績で年間約1万8千人が利用している。

 「一生懸命やってくれる委員や、理解を示してくれる近隣住民、支援してくれる個人や団体があってこその受賞。とても恐縮です」と、澁谷委員長は話した。

14日にもちつき大会

 同運営員会では年末に作った巨大門松の解体に合わせ、1月14日の午前10時から正午くらいまで、恒例の「餅つき大会」を実施。参加自由で餅つき体験や、ついた餅の振舞いを行う。

綾瀬版のトップニュース最新6

6年がかりで再整備へ

綾瀬市光綾公園

6年がかりで再整備へ 社会

バラ園、防災機能を強化

10月18日号

40年の感謝込めて

綾瀬青年会議所

40年の感謝込めて 社会

27日、記念事業を開催

10月18日号

防災マップを一新へ

綾瀬市

防災マップを一新へ 社会

冊子型に集約、来年3月に全戸配布へ

10月4日号

新税制がスタート

新税制がスタート 経済

ポイント還元に「複雑な思い」も

10月4日号

バザールでラララ

バザールでラララ 文化

あやせ音楽祭、28日に初開催

9月20日号

一般質問に16人登壇

綾瀬市議会9月定例会

一般質問に16人登壇 政治

20・24・25日の3日間で

9月20日号

情報提供にガイドライン

情報提供にガイドライン 社会

外国人向け、「思いやり」の手引き

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク