綾瀬版 掲載号:2017年10月6日号 エリアトップへ

中村紗華さん(小園在住) 陸上競技2種目で国体へ 三段跳で初の日本一目指す

スポーツ

掲載号:2017年10月6日号

  • LINE
  • hatena
海老名の陸上競技場で取材に応じる中村さん
海老名の陸上競技場で取材に応じる中村さん

 小園在住の中村紗華さん(伊志田高校3年)が、「第72回国民体育大会」の陸上競技で走高跳(成年女子)と三段跳(少年女子共通)に県の代表として出場する。試合は愛媛県松山市の総合運動公園陸上競技場で、きょう10月6日から10日にかけて実施される。

 高校2年の時、国内唯一の室内大会「日本ジュニア室内陸上競技大阪大会」の女子走高跳で日本一に輝いた経歴を持つ中村さん。今夏に行われたインターハイでも、3位入賞という実績を持っている。

 一方、もう一つの競技である三段跳は、インターハイ予選落ちという結果に終わってしまったが、国体の県内選考を兼ねた4月の県記録会と5月の県高校総体で1位の記録を持つ。同時に、県内の高校生で唯一12mを跳んだ県高校記録の保持者として、全国でも上位の実力を有している。

 「これらの結果から、選ばれたのではないかと思います」と分析する中村さん。国体への出場は、高校入学時から掲げていた目標の中の一つ。「選手にえらばれたという連絡をもらった時は、嬉しかったです」と率直な感想を述べる。

「ベスト超え」大事に

 国体出場に向け、中村さんは学校での練習に加え、競技場等での個人練習、調整のための大会出場、体のメンテナンスなど、万全のコンディションを整えてきた。特にインターハイ以降の課題となっていたメンタル面の克服に重点を置いてきたという。

 「インターハイではずっと続けていた走高跳は不安なく臨めたのですが、高校からの三段跳では勝ちたいという気持ちから自分の競技に集中できていませんでした」。これまでテーマにしてきた「自己ベスト超え」を見失い、結果を出せなかったことを引きずってしまっていたという。

 国体に向け基本に立ち返り、これまで積み重ねたことの復習と、調整に力を入れた。コンディションはだいぶ戻り、「まずは自己ベストを超えることを一番に考えたい」と力強く話す。

 三段跳(少年少女共通)は8日の午前10時から、走高跳(成年女子)は翌9日の午後1時から予定されている。中村さんは、「県代表として結果を出し、チームに貢献するのはもちろんですが、三段跳ではまだ日本一になっていないので、高校でお世話になった先生の元で取って恩返しをしたいです」と、試合に向けての意気込みを語った。

綾瀬版のトップニュース最新6

名称原案に意見募集

綾瀬市

名称原案に意見募集 経済

スマートIC、名称決定へ

1月24日号

綾瀬が話芸のネタに

タウンレポート

綾瀬が話芸のネタに 文化

きょう午後にライブ本番

1月24日号

ひと月に約800人来場

高座クリーンセンター

ひと月に約800人来場 社会

地上50m展望室など人気

1月10日号

県展示11年ぶり巡回

県展示11年ぶり巡回 文化

かながわの遺跡展『縄文と弥生』

1月10日号

個性ある持続可能都市へ

2020(令和2)年新春市長インタビュー

個性ある持続可能都市へ 政治

子どもの教育と多文化共生に意欲

1月1日号

産業の拠点新たに

綾瀬市商工会新会館

産業の拠点新たに 経済

笠間会長「原点の結束・連携に回帰を」

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク