綾瀬版 掲載号:2018年3月9日号 エリアトップへ

(仮称)綾瀬スマートIC 開通目標2020年度に 完成に遅れ 東京五輪前目指す

経済

掲載号:2018年3月9日号

  • LINE
  • hatena
スマートICのパース図
スマートICのパース図

 地元商工会や商工会議所、行政などで構成される「(仮称)綾瀬スマートインターチェンジ地区協議会」が2月26日に開催され、かねてより整備が進められていた同インターチェンジ(IC)について2020年度上半期の開通を改めて目指すことが明らかになった。

 綾瀬スマートICは、ETC車専用のフルインターチェンジとして、神奈川県と綾瀬市、中日本高速道路が共同で東名高速道路の綾瀬バス停付近(小園)に整備を進めてきた。綾瀬から藤沢に繋がる県道42号に接続され、当初は今年3月の供用開始を目指していた。

 市民生活の利便性向上や地域経済活性、災害時の安全・安心の確保などを目的に、スマートIC整備事業は推進されてきた。2011年の地元説明会を皮切りに、13年に国土交通省から認可を受けている。同年に用地測量を行い、15年から用地取得に着手。昨年3月には本線増設工事に伴う「下原橋」の架け替え工事も始まっている。

 しかし昨年6月、綾瀬市議会6月定例会の市の答弁で、インター開通に遅れが生じる可能性が示唆された。この段階で約8割の用地取得契約が終了していたが、残り2割に関して移転先が見つからず、合意に至っていない状況だった。

「一日も早い開通を」

 綾瀬市ではスマートIC設置に伴い、商・工・農業の様々な産業振興やロケによる観光誘致、道の駅のような地域振興施設整備、利便性向上のための「パーク アンド バスライド」など様々な施策を進めている。また、オリンピックのセーリング会場に江の島が選ばれたことで、藤沢市へのアクセスが向上する同インターの役割はより重要度を増している。

 古塩政由市長は開通遅延を受け、「駅を持たない綾瀬としては、悲願である玄関口。2020年度になってしまったのは残念な結果だが、一日も早く開通するため市としても最大限努力したい」と話した。

 用地契約は昨年9月に完了しており、今後は東京五輪・パラ五輪前の2020年度上半期の開通を目指す方針で進めていく。

協議会メンバーである古塩政由市長(奥)と笠間茂治商工会長(手前)も出席
協議会メンバーである古塩政由市長(奥)と笠間茂治商工会長(手前)も出席

綾瀬版のトップニュース最新6

外出支援を住民の手で

外出支援を住民の手で 社会

「福祉有償運送」再開など、参加呼びかけ

8月9日号

本番公演へ向け修練

オペラワークショップ

本番公演へ向け修練 文化

小学生からシニア市民、プロとの共演めざし

8月9日号

被害防ぎ感謝状

セブンイレブン上土棚中1丁目店

被害防ぎ感謝状 社会

店頭での高額チャージに「怪しいよね!」

7月26日号

陸上と弓道で全国へ

綾瀬高校

陸上と弓道で全国へ スポーツ

齋藤(3年)、北之園(2年)がインターハイ

7月26日号

かながわブランドに

綾瀬ブランド菜速あやせコーン

かながわブランドに 経済

「誇りと三位一体」で高価値化に成功

7月12日号

ベトナム法人と提携

綾瀬市綾瀬市商工会

ベトナム法人と提携 経済

技能実習生の受け入れで3者タッグ

7月12日号

「言葉」テーマに執筆

元教育長福島剛さん

「言葉」テーマに執筆 文化

「洒落に魅かれて」出版

6月28日号

あっとほーむデスク

  • 8月9日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月9日号

お問い合わせ

外部リンク