綾瀬版 掲載号:2018年11月30日号 エリアトップへ

ALL綾瀬ロケ実現へ 市長「海外人材確保にも注力」

経済

掲載号:2018年11月30日号

  • LINE
  • hatena

 古塩政由市長は11月22日、定例記者会見で綾瀬市を舞台にした「地域発信型映画」の制作をすると発表。合わせて、ベトナム・ハノイに訪問したことを報告し、国が力を入れようとしている外国人労働者確保に向け積極的に活動していく方針を明らかにした。

 地域発信型映画の制作は市制40周年記念事業の一環で、よしもとクリエイティブ・エージェンシーと短編映画を作る。キャストやストーリーはまだ決まっておらず、これから具体的な内容を詰めていく。

 同映画制作は今年9月上旬、よしもと側から打診された。沖縄国際映画祭の地域発信型映画部門に出すために組む自治体を探していたよしもとが、ロケ誘致に力を入れる綾瀬市の存在を知り提案を受けたという。

 「綾瀬ロケーションサービス立ち上げ以降、一つの目標にしてきた念願のALL綾瀬ロケ」と、市商業観光課は話す。来年2月3日に予定されているロケのシンポジウムでは出演者らとのパネルディスカッションや、映画の予告編上映を予定している。

工業・介護人材確保へ

 一方、記者会見の席で古塩市長は今月中旬、ベトナム視察を行ったことについても言及。慢性的な人材不足が続く製造業や介護事業所に対し、海外の人材確保に動く方針を明らかにした。

 担当する市企画課によると、外国人労働者は最低賃金が高い大都市などに一極集中する傾向があるという。今後、少子高齢化が進む中で市の基幹産業である工業の担い手を確保するとともに、介護難民を出さぬよう方策を模索していく。

 視察では市内2社の現地工場と、技能実習生を送り出す施設3カ所を訪問。県のイベント等を通し収集してきた情報と合わせ、具体的な施策を固めていく方針だ。

綾瀬版のトップニュース最新6

名称原案に意見募集

綾瀬市

名称原案に意見募集 経済

スマートIC、名称決定へ

1月24日号

綾瀬が話芸のネタに

タウンレポート

綾瀬が話芸のネタに 文化

きょう午後にライブ本番

1月24日号

ひと月に約800人来場

高座クリーンセンター

ひと月に約800人来場 社会

地上50m展望室など人気

1月10日号

県展示11年ぶり巡回

県展示11年ぶり巡回 文化

かながわの遺跡展『縄文と弥生』

1月10日号

個性ある持続可能都市へ

2020(令和2)年新春市長インタビュー

個性ある持続可能都市へ 政治

子どもの教育と多文化共生に意欲

1月1日号

産業の拠点新たに

綾瀬市商工会新会館

産業の拠点新たに 経済

笠間会長「原点の結束・連携に回帰を」

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク