綾瀬版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

情報提供にガイドライン 外国人向け、「思いやり」の手引き

社会

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena
分かりやすい表現に改める通知書の封筒
分かりやすい表現に改める通知書の封筒

 外国人の市民に情報を提供する際の手引きを綾瀬市がこのほど策定し、公表した。言葉の壁による情報格差に着目し、自治体が独自の基準を策定する取り組みは、政令市を除く県内の自治体で初という。

 綾瀬市内には今年6月1日現在、約3900人の外国人市民が生活している。人口比率は約4・5%で県内の19市でもっとも高い割合という。

 市はこれまで多言語の生活情報紙や広報あやせの多言語配信など外国人向けの翻訳を中心に対応してきた。人材不足による外国人労働者の受け入れなどにより、今後も外国人市民が増加することが想定されるため、情報格差の打開をめざした市は、情報提供のあり方を見直すガイドラインの策定を進めてきた。

 窓口業務を担う庁内15課の課長による会議を開くなどしてまとめたガイドラインでは、2018年度に実施した外国人市民の実態調査の結果を踏まえ「相手を思いやる態度」「相手の立場に立って考えること」を念頭に「やさしい日本語での情報提供」などについて掘り下げた。

 例えば「避難」は「にげる」、「危険」は「あぶない」などの分かりやすい言葉を使い、会話の途中で「わかりますか?」と確認したり、短く簡潔に説明することなどを指針とした。ガイドラインを取りまとめた企画課の担当者は「職員向けに説明会を開き、職員研修にも活用する。日頃のサービス向上にも役立てたい」としている。

 ガイドラインは市のHPで閲覧できる。市では「活用できる部分は活用して頂ければ」とも話している。

綾瀬版のトップニュース最新6

防災マップを一新へ

綾瀬市

防災マップを一新へ 社会

冊子型に集約、来年3月に全戸配布へ

10月4日号

新税制がスタート

新税制がスタート 経済

ポイント還元に「複雑な思い」も

10月4日号

バザールでラララ

バザールでラララ 文化

あやせ音楽祭、28日に初開催

9月20日号

一般質問に16人登壇

綾瀬市議会9月定例会

一般質問に16人登壇 政治

20・24・25日の3日間で

9月20日号

綾瀬が誇る“サポート体制”

シニア世代応援レポート

綾瀬が誇る“サポート体制” 社会

市役所1階で「お待ちしています」

9月6日号

大納涼祭と花火大会

大納涼祭と花火大会 文化

24日、午後7時半打ち上げスタート

8月23日号

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月4日号

お問い合わせ

外部リンク