綾瀬版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

情報提供にガイドライン 外国人向け、「思いやり」の手引き

社会

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena
分かりやすい表現に改める通知書の封筒
分かりやすい表現に改める通知書の封筒

 外国人の市民に情報を提供する際の手引きを綾瀬市がこのほど策定し、公表した。言葉の壁による情報格差に着目し、自治体が独自の基準を策定する取り組みは、政令市を除く県内の自治体で初という。

 綾瀬市内には今年6月1日現在、約3900人の外国人市民が生活している。人口比率は約4・5%で県内の19市でもっとも高い割合という。

 市はこれまで多言語の生活情報紙や広報あやせの多言語配信など外国人向けの翻訳を中心に対応してきた。人材不足による外国人労働者の受け入れなどにより、今後も外国人市民が増加することが想定されるため、情報格差の打開をめざした市は、情報提供のあり方を見直すガイドラインの策定を進めてきた。

 窓口業務を担う庁内15課の課長による会議を開くなどしてまとめたガイドラインでは、2018年度に実施した外国人市民の実態調査の結果を踏まえ「相手を思いやる態度」「相手の立場に立って考えること」を念頭に「やさしい日本語での情報提供」などについて掘り下げた。

 例えば「避難」は「にげる」、「危険」は「あぶない」などの分かりやすい言葉を使い、会話の途中で「わかりますか?」と確認したり、短く簡潔に説明することなどを指針とした。ガイドラインを取りまとめた企画課の担当者は「職員向けに説明会を開き、職員研修にも活用する。日頃のサービス向上にも役立てたい」としている。

 ガイドラインは市のHPで閲覧できる。市では「活用できる部分は活用して頂ければ」とも話している。

綾瀬版のトップニュース最新6

ひと月に約800人来場

高座クリーンセンター

ひと月に約800人来場 社会

地上50m展望室など人気

1月10日号

県展示11年ぶり巡回

県展示11年ぶり巡回 文化

かながわの遺跡展『縄文と弥生』

1月10日号

個性ある持続可能都市へ

2020(令和2)年新春市長インタビュー

個性ある持続可能都市へ 政治

子どもの教育と多文化共生に意欲

1月1日号

産業の拠点新たに

綾瀬市商工会新会館

産業の拠点新たに 経済

笠間会長「原点の結束・連携に回帰を」

1月1日号

あやせの冬キラキラ

綾瀬市役所イルミネーション

あやせの冬キラキラ 経済

21日までスタンプラリーなど

12月13日号

来年2月に第2回

綾瀬ふるさと検定

来年2月に第2回 文化

身近な50問「魅力再発見を」

12月13日号

舞台芸術で青春再び

綾瀬シニア劇団もろみ糀座

舞台芸術で青春再び 文化

60〜80代の男女「ヤァーーーッ!」

11月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月10日号

お問い合わせ

外部リンク