綾瀬版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

農家施設台風被害 市が上乗せ支援へ 補正予算で対応方針

社会

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena

 今年9月の台風15号と10月の台風19号で綾瀬市内の農家が受けた農業用施設の被害状況がわかってきた。市は国県による被災農家支援対策に独自の上乗せ補助を行うための予算措置に向けて調整を進めている。

 11月12日までに市がまとめた被害状況によると、強風に見舞われた9月の台風15号では、農機具小屋や鉄骨ハウス、果樹園施設、畜舎の屋根などが被害を受け、なかでも軽量の鉄骨ハウスに被害が集中した。

 農作物では収穫期を迎えたナシやブドウ、トマトやキュウリが被害を受け、苗の生育中だったブロッコリーにも被害が及んだ。

 10月の台風19号では、農家5軒のビニールハウス8棟、同2軒のガラスハウス4棟で全壊や一部破損の被害があり、農作物では収穫前のブロッコリーにキズ被害を受けた農家が13軒に及び、レタス農家も被害を受けた。この台風でレタスが傷つき200万円以上の被害を受けた農家もあり、綾瀬市特産のブロッコリー栽培農家では園芸協会の部会に所属する出荷農家13軒すべてから被害報告があった。ブロッコリーの被害面積は100アールで全体の16%だった。

 台風15号による農業施設の撤去や修理、再建には国や県から合わせて5割の補助があり、綾瀬市も独自に上乗せする方針を固めている。昨年の台風被害では市が再建などの費用の2割を補助したことから市はこれを軸に検討し、年度内に議会へ諮る方針だ。農業振興課は「引き続き被害状況の把握と精査を続け、市としての支援策を決定する」としている。

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

綾瀬版のトップニュース最新6

名称原案に意見募集

綾瀬市

名称原案に意見募集 経済

スマートIC、名称決定へ

1月24日号

綾瀬が話芸のネタに

タウンレポート

綾瀬が話芸のネタに 文化

きょう午後にライブ本番

1月24日号

ひと月に約800人来場

高座クリーンセンター

ひと月に約800人来場 社会

地上50m展望室など人気

1月10日号

県展示11年ぶり巡回

県展示11年ぶり巡回 文化

かながわの遺跡展『縄文と弥生』

1月10日号

個性ある持続可能都市へ

2020(令和2)年新春市長インタビュー

個性ある持続可能都市へ 政治

子どもの教育と多文化共生に意欲

1月1日号

産業の拠点新たに

綾瀬市商工会新会館

産業の拠点新たに 経済

笠間会長「原点の結束・連携に回帰を」

1月1日号

来年2月に第2回

綾瀬ふるさと検定

来年2月に第2回 文化

身近な50問「魅力再発見を」

12月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク