綾瀬版 掲載号:2019年11月29日号 エリアトップへ

綾瀬シニア劇団もろみ糀座 舞台芸術で青春再び 60〜80代の男女「ヤァーーーッ!」

文化

掲載号:2019年11月29日号

  • LINE
  • hatena
劇団のメンバーと役者の浅生礼史さん(右端)
劇団のメンバーと役者の浅生礼史さん(右端)

 神奈川県が重点政策として進めるシニア舞台芸術事業(共生共創事業)の一環として今年9月に綾瀬市内で旗揚げした綾瀬シニア劇団「もろみ糀座」のメンバーが、12月に横浜市内で行われる旗揚げ公演(事業中間発表)に向けて稽古を重ねている。

 この劇団は60歳以上を対象に8月に公募を行い、わずか2週間で80代までの男女19人が集まり9月7日に始動した。演劇経験者はほとんどいないが、横浜の劇団「スタジオソルト」の主宰役者、浅生礼史さんと作家・演出家の椎名泉水さんらプロが指導し、12月の中間発表と3月の公演を目標に活動している。

 綾瀬市が拠点になったことについて、県から事業委託を受ける公益財団法人神奈川芸術文化財団(横浜市中区)の中野敦之さんは「綾瀬市の生涯学習の取り組みに共感し『ここでやりたい』と考え打診した」と話す。「藤沢や大和、座間、海老名に囲まれ駅のない地域だが、それを逆手に取るプロモーションにも目を引かれた。ここでやりたいと考えた」という。

 劇団は週1回、中央公民館で稽古を重ねる。寺尾南からバスで通う高橋正男さん(72)は川崎市の元消防士。5年前に見つかったステージ3の肺がんを克服し「おもしろそう」と劇団員に応募した。「大きな声が出せて楽しい」と話している。

 当面の目標に定める中間発表ではオリジナル作品「ヤァーーーッ!」を披露する。椎名さんによると、地域4分割合併の話が突如持ち上がり綾瀬のアイデンティティーを取り戻そうと、シニア世代が立ち上がる物語。居場所を失った男と、失いかけているシニア達が『居場所』を取り戻す話になる。第九をアレンジした替え歌があり、劇団員がもつ綾瀬のイメージを歌詞に盛り込んだ。

 県は今年度「かながわシニア創作創造プロジェクト」として、シニア世代と創作の喜びを分かち合う「場」づくりを進めている。シニア劇団は綾瀬市と横須賀市で発足し、綾瀬シニア劇団は12月19日(木)に中間発表となる公演を県民共済みらいホール(横浜市中区)で開催する。

 神奈川県は2021年の「ねんりんピック」開催地で、シニア世代へのアプローチは2年後への試金石にもなりそう。

 (問)劇団事務局【携帯電話】070・6977・1148

一緒に働きませんか?

綾瀬ゆたか幼稚園では「あずかり保育」の先生を募集しています。

https://www.yutaka-kg.ed.jp/

<PR>

綾瀬版のトップニュース最新6

名称原案に意見募集

綾瀬市

名称原案に意見募集 経済

スマートIC、名称決定へ

1月24日号

綾瀬が話芸のネタに

タウンレポート

綾瀬が話芸のネタに 文化

きょう午後にライブ本番

1月24日号

ひと月に約800人来場

高座クリーンセンター

ひと月に約800人来場 社会

地上50m展望室など人気

1月10日号

県展示11年ぶり巡回

県展示11年ぶり巡回 文化

かながわの遺跡展『縄文と弥生』

1月10日号

個性ある持続可能都市へ

2020(令和2)年新春市長インタビュー

個性ある持続可能都市へ 政治

子どもの教育と多文化共生に意欲

1月1日号

産業の拠点新たに

綾瀬市商工会新会館

産業の拠点新たに 経済

笠間会長「原点の結束・連携に回帰を」

1月1日号

来年2月に第2回

綾瀬ふるさと検定

来年2月に第2回 文化

身近な50問「魅力再発見を」

12月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク