愛川・清川版 掲載号:2014年10月24日号 エリアトップへ

宮ヶ瀬小の歴史 一冊に 有志が卒業生の声を編集

教育

掲載号:2014年10月24日号

  • LINE
  • hatena
記念誌を手にする川瀬委員長
記念誌を手にする川瀬委員長

 昨年度創立140周年を迎えた宮ヶ瀬小学校。同校の歩みをまとめた「宮小の140年」が完成し、宮ヶ瀬小・中学校で10月18日に開催された宮ヶ瀬ふれあい文化祭で完成報告が行われた。同校の歴史を語る貴重な一冊を編集したのは、宮ヶ瀬を愛する有志たちだった。

 記念誌はA4サイズ43ページでオールカラー。明治6年の創立以来の年表や歴代校長、児童数の移り変わり、校舎の変遷など、同校の歴史を詳細にまとめた貴重な資料となっている。

 同校の概要だけでなく、記念誌のなかでは卒業生や教鞭をとった教員の声も紹介されている。

 卒業生は、大正時代に卒業した105歳の人から平成25年度に卒業した児童まで幅広く紹介され、戦前の学校生活や学童疎開の児童を受け入れた様子、戦後からダム建設に伴い移転するまでなど、卒業生だからこそ語れる詳細なエピソードが数多く集録されている。また、各時代の遠足や入学といった学校行事に加え、四季折々の様々な宮ヶ瀬の風景写真もあり、地域の歴史的資料ともいえる。

 この記念誌を編集・発行した実行委員会は、宮ヶ瀬を愛する有志12人で結成された。「140周年を記念して何か企画を」と議論を重ね、記念誌の作成を決め動き始めたのは昨年の秋頃だった。

 実行委員長を務める川瀬征夫さんは「本当に何もない所からのスタートで、一番苦労したのは資金集めだった」と振り返る。

 地域の家庭を1軒1軒まわり、協力を呼びかける日々。最初は完成できるのか疑問の目を向けられることもあったが、徐々に協力の輪は広がっていった。「古くから地域に住む方や卒業生だけでなく、最近宮ヶ瀬に移り住み、お子さんが宮ヶ瀬小学校の通っていない方までご協力をいただけた。記念誌をきっかけに、地域の結びつきが強まったと実感しました」と事務局を務める川瀬十三男さんは目を細める。

 作製した記念誌は600部で、宮ヶ瀬地区の全戸と宮の里に住む同校の卒業生に配布される。なお、記念誌を希望する場合は、同実行委員会へ600円以上の寄付をした人へ進呈するという。詳しくは実行委員会事務局・川瀬十三男さん【電話】046・288・1071へ。

国旗掲揚の様子(昭和初期)
国旗掲揚の様子(昭和初期)

愛川・清川版のトップニュース最新6

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり 社会

町美化プラントで6日まで

5月1日号

絆の歌 母校に響く

絆の歌 母校に響く 教育社会

愛川中学4期生がクラス会

4月19日号

佐藤氏が接戦制す

愛甲郡県議選

佐藤氏が接戦制す 政治

447票差で初当選

4月19日号

春の大祭 記念の130回

田代半僧坊

春の大祭 記念の130回 文化

大般若御祈祷や写真展も

4月5日号

卒業証書は伝統和紙

田代小半原小

卒業証書は伝統和紙 文化

技術学び児童が手漉き

4月5日号

20年の活動に幕

愛川町西部地域まちづくり推進委員会

20年の活動に幕 社会

沿道イベントなど地域に尽力

3月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク