愛川・清川版 掲載号:2014年11月7日号 エリアトップへ

宮ヶ瀬中 よい歯で県表彰 食後の歯磨き全員徹底

教育

掲載号:2014年11月7日号

  • LINE
  • hatena
宮ヶ瀬中学校の生徒たち
宮ヶ瀬中学校の生徒たち

 2014年度の神奈川県よい歯の学校等表彰で、清川村立宮ヶ瀬中学校(高木光人校長)が「よい歯の学校」に選ばれた。同校では全校生徒6人が給食後の歯磨きを毎日欠かさず行い、この取り組みが評価された。今年度中学校でよい歯の学校に選ばれたのは同校のみ。

 同表彰は、県教育委員会、県歯科医師会・県学校給食会が主催。歯科保健指導及び歯科保健活動に積極的に取り組んだ学校を表彰するもので、毎年行われている。対象は県内の小・中学校で、歯科保健について1年間どのような取組みを行ったかを応募し地区審査会が審査。選ばれた応募校をさらに中央審査会が審査し表彰校が決まる。今年は10月30日に横浜市栄区で表彰式が行われた。

 歯の健康指導について同校の飯塚利行教頭は「小学校で歯磨きなどを実施している学校が多いですが、中学校になるとなかなか難しくなる」と話す。実際に同表彰でもよい歯の学校への応募はほとんどが小学校で、応募できるだけの取組みを行っている中学校は少ない。中学校の応募がゼロの年もあるという。今年度もよい歯の学校への応募は小学校が13校に対し中学校は同校のみ。表彰を受けて飯塚教頭は「私たちが指導するのではなく、生徒たちが自主的に毎食後の歯磨きをしている。中学校でこれだけ徹底して皆が歯磨きをしている学校はほとんどないのでは。本当に素晴らしいこと」と話す。

 また同校では、歯科健診を年に2回実施している。カラーテスターでは歯科医が一人ひとりしっかりと診察し磨き残しの指導を行うという。生徒たちも歯の健康に関する意識は高く、虫歯ゼロの生徒もいる。3年生の生徒は「歯磨きは当たり前にやっている自然な習慣。磨かないとムズムズします」と笑う。「校外の行事などでも、皆歯磨き道具を必ず持っていく。この習慣が続いてほしい」と飯塚教頭は目を細める。

愛川・清川版のトップニュース最新6

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり 社会

町美化プラントで6日まで

5月1日号

絆の歌 母校に響く

絆の歌 母校に響く 教育社会

愛川中学4期生がクラス会

4月19日号

佐藤氏が接戦制す

愛甲郡県議選

佐藤氏が接戦制す 政治

447票差で初当選

4月19日号

春の大祭 記念の130回

田代半僧坊

春の大祭 記念の130回 文化

大般若御祈祷や写真展も

4月5日号

卒業証書は伝統和紙

田代小半原小

卒業証書は伝統和紙 文化

技術学び児童が手漉き

4月5日号

20年の活動に幕

愛川町西部地域まちづくり推進委員会

20年の活動に幕 社会

沿道イベントなど地域に尽力

3月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク