愛川・清川版 掲載号:2014年11月7日号 エリアトップへ

12年に一度の秘仏公開をした清雲寺の住職を務める 北條 圓居さん 愛川町半原在住 59歳

掲載号:2014年11月7日号

  • LINE
  • hatena

言葉に熱意秘め

 ○…臨済宗建長寺派の200以上ある寺院のうち、5つしかない「別格地」寺院の一つである清雲寺。11月2日と3日に行われた12年に一度の秘仏公開では、本堂を埋め尽くすほどの参拝者が集まった。「仏事以外でお寺に人が来るのはとても良い事。いつでも気軽に来られるお寺を目指したい」。琵琶や二胡の演奏会、落語会など、構想は既に心の内にあるようだ。

 ○…先代の住職が平成12年に亡くなり、同寺の親戚寺院である相模原市緑区の観音寺で住職を務めていた縁で兼任住職として同寺へ。柔和な人柄はすぐに地域の人々の心を惹きつけた。「ぜひ正式な清雲寺の住職に」という檀家からの声は以前からあった。ご子息が正式に観音寺の住職に就任し、今年10月1日から専任の住職となった。「先代の黙然和尚が本堂や庫裡をはじめ傷んでいたお寺をほぼ一新して、本当に良いお寺にしてくれた。遺志をしっかりと引き継いで、お寺を守りたい」。穏やかな語り口ながら、眼差しからは情熱が伝わってくる。

 ○…あきる野市にある普門寺の3男として生まれた。幼少の頃から朝は住職の父とともに読経する生活だった。檀家さんたちに慕われる父親の背中を見て育った少年は「自分もいつか住職に」と、自然に憧れを抱く。日本大学を卒業後、北鎌倉の円覚寺で4年間の修行を積んだ。「新聞もテレビもない。毎日夜明け前から起きる日々」と振り返る。「お寺の修行は確かに厳しいですが、会社員の方だって毎日大変。その道その道で厳しい所があるのは、皆同じですよ」とうなずく。

 ○…一男一女に恵まれ、長男は自身の後を継いだ。「やっぱり嬉しいね」と満面の笑み。「私の父も、私たち兄弟を住職にしたかったんだと思う。今はその気持ちが良くわかる」と目を細める。バイクが趣味で4日間かけて北海道一周旅行をしたこともあるが、今は夫人とゆったり温泉めぐりが休日の過ごし方だ。

愛川・清川版の人物風土記最新6

山田 一夫さん

清川村教育委員会の教育長に就任した

山田 一夫さん

清川村煤ヶ谷在住 66歳

4月19日号

稲葉 智美さん

清川村ローカルイノベーション拠点施設のレストランを担当する

稲葉 智美さん

清川村煤ヶ谷在住 34歳

4月5日号

成瀬 和治さん

愛川町西部地域まちづくり推進委員会の委員長を務める

成瀬 和治さん

愛川町半原在住 77歳

3月22日号

岩澤 吉美さん

清川村長に就任した

岩澤 吉美さん

清川村煤ヶ谷在住 62歳

3月8日号

原  明さん

愛川山岳会の会長を務める

原 明さん

愛川町半原在住 71歳

2月22日号

小倉 克仁さん

市町村対抗かながわ駅伝の愛川町チーム主将を務める

小倉 克仁さん

愛川町半原出身 28歳

2月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク