愛川・清川版 掲載号:2016年3月11日号 エリアトップへ

生命の大切さ みんなで実感 清川しっぽ村が「いのちの授業」

教育

掲載号:2016年3月11日号

  • LINE
  • hatena
動物とふれあう児童たち
動物とふれあう児童たち

 清川村で犬猫の保護活動を行っているNPO法人「清川しっぽ村」が寒川町の町立旭小学校で2月22日、全校道徳の時間に「ペットの命はだれのもの」と題した授業を行った。

 日本では年間10万頭以上の犬や猫が殺処分されているというが、神奈川県では各種団体・ボランティアとの協働で2014年度に動物保護センターに収容された犬猫の殺処分ゼロを実現。この結果の一助となる活動を行っている「しっぽ村」が講師となり、命の尊さを考える授業を行った。

 殺処分される犬猫を救いたいと活動する「しっぽ村」は、里親探しや不妊・去勢手術を行うほか、福島県飯舘村などに出向いて犬猫の保護活動に尽力している。

 授業当日は、スライドを使って「しっぽ村」にいる動物の様子、県保護センターの仕組みなどを説明。同法人の松木彰詞さんが「しっぽ村」の様子を紹介し、仕事の苦労話や嬉しかった話などを披露した。また、寒川町内在住の里親もペットと一緒に授業に訪れ、インタビューに応じた。

 授業を受けた児童は、昼休みの動物との「ふれあいタイム」で新たな気持ちで犬や猫とふれあっていた。

 自らこの授業を行い、児童に生命の大切さを説いた山本博司校長は「バーチャルではなくリアルにこだわった」とし、この授業形態を採用。「しっぽ村の活動の様子や、動物たちの変容、そして里親として引き取られた方の覚悟と家族になった動物たちの嬉しそうな様子を直に見て、命の持つ尊さを感じるとともに、優しい心を持って友達や家族、動物たちに接してほしい」と話した。

 また、神奈川県動物愛護推進の応援団長を務めるタレントの杉本彩さんから、旭小の児童に向けたメッセージが紹介された。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

ズラリ愛川の恵み

ズラリ愛川の恵み 社会

3日に農林まつり

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク