横須賀版 掲載号:2014年9月5日号 エリアトップへ

岡本よしろうさん原画展 現代詩『生きる』絵本で表現

文化

掲載号:2014年9月5日号

  • LINE
  • hatena
団地や商店街など市内の面影も
団地や商店街など市内の面影も

 昨年9月に発刊した小学生向けの月刊誌「たくさんのふしぎ(福音館書店刊)」の絵を担当した岡本よしろうさん(二葉在住)の原画展が、津久井にある絵本専門店「うみべのえほんやツバメ号」で開かれている。



「生きていること

いま生きているということ」

「それはのどがかわくということ」

「木漏れ日がまぶしいということ」



 詩人・谷川俊太郎さんが40年以上前に手掛けた詩『生きる』。震災を機に、現代にも通ずるこの詩の感性を子どもたちに伝えたい―という編集者の想いを受け、同誌で岡本さんが絵を描くことになった。

 絵に取り掛かる前に行ったのは、詩の解釈。言葉に隠された”仕掛け探し”に多くの時間を費やした。さらに、編集者から与えられた課題は「詩のイメージブックではなく、言葉の意味とつかず離れずであること」。ストーリーの原案からラフ製作まで30回近く、描いては考える日々。完成するまで1年半かかった。「画家として新たな挑戦でした」と岡本さんは創作を振り返る。

 絵の舞台の”モチーフ”となっているのは横須賀。商店街や公園、海の見える景色など、横須賀のノスタルジックな空気が漂う。

***

 山口県出身の岡本さんは、美大進学のため上京。横須賀に移住したのは5年前の夏だ。「海や山の自然、都会との距離感がいい」。現在は、絵本作家として活動するほか、イラストや造形などで才能を発揮する。今回の展示では、原画に『生きる』の詩を添え、言葉が持つ奥深さに立ち止まり、絵に登場する人たちが「いまを生きる姿」を感じ取ることができる。同誌『生きる』のサイン本販売もあり。会期は今月30日(火)まで。詳細は、同店【電話】046・884・8661

横須賀版のローカルニュース最新6

いきいきシニア「元気の源」は

歯科分野で高大の一貫教育

歯科分野で高大の一貫教育 教育

神歯大と緑ヶ丘女子が協定

6月24日号

東京湾を”ギュッと”水槽に

観音崎自然博物館

東京湾を”ギュッと”水槽に 文化

館入口で忠実に再現

6月24日号

全国大会で入賞

横須賀消防・山口さん

全国大会で入賞 社会

職員16万人超から選出

6月24日号

カレー作りで交流

ひとり親支援団体「ひまわり」

カレー作りで交流 社会

6月24日号

不気味な仮面、善良な行い

不気味な仮面、善良な行い 社会

コスプレ姿でクリーン活動

6月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook