横須賀版 掲載号:2014年9月5日号
  • googleplus
  • LINE

岡本よしろうさん原画展 現代詩『生きる』絵本で表現

文化

団地や商店街など市内の面影も
団地や商店街など市内の面影も
 昨年9月に発刊した小学生向けの月刊誌「たくさんのふしぎ(福音館書店刊)」の絵を担当した岡本よしろうさん(二葉在住)の原画展が、津久井にある絵本専門店「うみべのえほんやツバメ号」で開かれている。



「生きていること

いま生きているということ」

「それはのどがかわくということ」

「木漏れ日がまぶしいということ」



 詩人・谷川俊太郎さんが40年以上前に手掛けた詩『生きる』。震災を機に、現代にも通ずるこの詩の感性を子どもたちに伝えたい―という編集者の想いを受け、同誌で岡本さんが絵を描くことになった。

 絵に取り掛かる前に行ったのは、詩の解釈。言葉に隠された”仕掛け探し”に多くの時間を費やした。さらに、編集者から与えられた課題は「詩のイメージブックではなく、言葉の意味とつかず離れずであること」。ストーリーの原案からラフ製作まで30回近く、描いては考える日々。完成するまで1年半かかった。「画家として新たな挑戦でした」と岡本さんは創作を振り返る。

 絵の舞台の”モチーフ”となっているのは横須賀。商店街や公園、海の見える景色など、横須賀のノスタルジックな空気が漂う。

***

 山口県出身の岡本さんは、美大進学のため上京。横須賀に移住したのは5年前の夏だ。「海や山の自然、都会との距離感がいい」。現在は、絵本作家として活動するほか、イラストや造形などで才能を発揮する。今回の展示では、原画に『生きる』の詩を添え、言葉が持つ奥深さに立ち止まり、絵に登場する人たちが「いまを生きる姿」を感じ取ることができる。同誌『生きる』のサイン本販売もあり。会期は今月30日(火)まで。詳細は、同店【電話】046・884・8661

暑中お見舞い申し上げます

時代に適応、求められる奉仕活動

1951年創設、67年の歴史と伝統を有する奉仕団体です。

http://yokosuka-rc.jp/

(有)飯塚慎治郎商店

確かな技術で皆様の暮らしの安全、安心と快適をサポート

http://www.iizukashinjiroshoten.co.jp

地域密着の外壁塗装会社

三浦半島で唯一の塗料メーカー認定の施工店

http://www.su-place.co.jp/

海と森と歴史が融合した農園

東京湾を眺めながら夏はブルーベリー、冬はレモンの摘み取りが楽しめます。

http://mutsumi-group.com/farmaseagardenuraga/

<PR>

横須賀版のローカルニュース最新6件

さらなる高みへ!三浦学苑2度目のインターハイ

女子球児たちの夢舞台

ダンスで「地元愛」

ベイ2軍戦 家族で観よう

中高生が起業体験

アントレチャレンジ2018

中高生が起業体験

7月27日号

地道な努力 最大の武器

弓道部女子 3年 新田果音さん

地道な努力 最大の武器

7月27日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月30日号

お問い合わせ

外部リンク