横須賀版 掲載号:2015年2月13日号 エリアトップへ

池上小・ひごたくみくん コンガで世界目指す 全国大会でグランプリ獲得

文化

掲載号:2015年2月13日号

  • LINE
  • hatena
パフォーマンスでも観客を沸かせた
パフォーマンスでも観客を沸かせた

 プロのジャズオーケストラを背に、センターでコンガを打ち響かせる少年―。先月31日に都内で行われた「第2回全日本ポップス&ジャズバンドグランプリ大会」のソロ・アドリブ部門で、阿部倉在住のひごたくみくん(池上小6年)が、見事グランプリを獲得した。  事前のビデオ審査を通過し、6人が出場した本選では最年少。なかでも「コンガ」での参加はただ一人。12歳にして、これまで数々の舞台を経験してきたが、「自信はあったけど、コンサート会場で審査される大会とあって緊張した」と振り返る。演奏した『リベルタンゴ』では、堂々とソロを披露。会場をタンゴのリズムで魅了した。副賞では、世界でも有数のジャズ音楽祭「モントルージャズフェスティバル」への推薦も。「これがいちばん嬉しかった」と、ステージとは違う少年の笑みを見せた。

出会いは5歳

 数ある楽器の中で、なぜコンガだったのか―。ピアノ教師の母親の影響もあり、物心ついたころから音楽に慣れ親しんでいた。ある時、都内の音楽イベントでバンドの中にあったコンガを見かけて「これをやりたい」と両親に懇願。楽器店でも、おもちゃをねだるように「買ってもらえるまで動かない」という状態だったという。そうして手に入れたコンガ。「気付くといつも叩いている」と、その直感がピタリとはまった。「コンガの音で、起きたか眠ったか分かるほど」と、両親も目を細める。

 個人レッスンの傍ら、音楽雑誌からライブハウスを探して聴きに行き、さらに飛び入り参加しながら、生の音楽に触れて技術を磨いた。初の本格的なステージは小学校1年生の時。大滝町の「ヤンガー・ザン・イエスタディ」でのゲスト出演だ。意欲的に活動する中で、「ライブハウスは実力の世界」と、その厳しさも身をもって感じている。

「僕だけの音色を」

 キューバの民族楽器「コンガ」は、スティックを使わず、手でヘッド(皮)を叩き、その強弱や叩き方で表現する。「人それぞれ音色が違うのがコンガのおもしろさ。僕だけの音を作りたい」と、たくみくん。始めたころは、立ってやっと打面に届く背の高さだった。この数年で身長も伸び、手も大きくなった。音色も技術も進化の途上。目指すのは「世界」とキッパリ。この大会で、自ら選んだ衣装は「日の丸の赤」と、こだわりを見せる。「キューバの偉人、タタ・ウィネスのような”かっこいい音色”が憧れ」と力強く語る。

 コンガの本場、キューバでセッションするのも夢のひとつ。そのために、スペイン語も勉強中だという。ジャズやルンバ、サルサなど、さまざまな音楽ジャンルを学ぶ楽しさも加わった。さらに、中学3年生の兄と共に、横須賀芸術劇場少年少女合唱団に所属し、ハーモニーの魅力も楽しんでいる。4月からは中学生。「僕の演奏で世界中を笑顔にしたい」。夢は大きく広がっている。
 

横須賀版のローカルニュース最新6

秋風に揺れる華麗なバラ

秋風に揺れる華麗なバラ 文化

ヴェルニー公園で開花

9月17日号

ジャージー牛肉濃厚シチューに

長坂の関口牧場

ジャージー牛肉濃厚シチューに 経済

9月17日号

2年連続で中止

浦賀奉行所開設300周年企画

2年連続で中止 社会

9月17日号

里山で自然体験

里山で自然体験 文化

野比かがみ田で観察会

9月17日号

来年GW前に開店

ポートマーケット

来年GW前に開店 経済

9月17日号

賑わい創出に飲食施設

ヴェルニー公園

賑わい創出に飲食施設 経済

市の公募で鎌倉の事業者

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook