横須賀版 掲載号:2015年5月29日号 エリアトップへ

池上「ふれあい下水道公園」 ホタルは飛ぶか 地域有志が3年目の活動

社会

掲載号:2015年5月29日号

  • LINE
  • hatena
自然再生を掲げる吉田市長も活動を理解。行政の協力も取り付けている
自然再生を掲げる吉田市長も活動を理解。行政の協力も取り付けている

 「住宅街を流れる小川に、今年こそホタルを飛ばしたい」─。

 池上の商店街裏を流れる全長200mほどの「ふれあい下水道公園」にホタルを呼ぼうと、地元有志が挑戦している。ホタルが餌とするカワニナが生息できる環境整備に取り組み始めて3年目。充分な量が育っており、今年はホタルが出現することを期待している。

 活動を進めているのは、「池上ホタルの会」のメンバー6人。会長を務める小出和弘さん(68)は、かつて衣笠山公園や西逸見、太田和でホタルの再生を手掛けてきた経験があり、在野の研究家として知られた存在だ。

 昨年はメスのゲンジボタル5匹から卵を採取し、約5000匹の幼虫を得ることに成功したが、8月に薬品が流れ込んでしまい、この川を住処とするザリガニとどじょうが全滅する事態に見舞われた。

 悲嘆にくれたが、「幸いにもカワニナは生存してくれたので、春先まで自然な草木の環境をつくりながら毎日見守りを続けてきた」と小出会長。その成果か、4月中旬に陸地に上陸したサナギを確認。今月20日ごろから数匹がすでに舞い始めているという。

 本格的なシーズンはもうすぐ。「ゆくゆくは子どもたちと『ホタル狩り』を楽しむ機会も設けたい」と小出会長は夢を膨らませている。

横須賀版のローカルニュース最新6

盲犬を接触から守る

秋谷在住西澤さん

盲犬を接触から守る 社会

「ドッグバンパー」独自開発

1月21日号

家に眠る野球用品求む

野球独立リーグ神奈川FD

家に眠る野球用品求む スポーツ

田浦町出身・大高選手呼びかけ

1月21日号

子育て支援の輪つなげる

子育て支援の輪つなげる 文化

1月23日に「応援フェス」

1月21日号

ポートマーケット開店は今秋に

児童生徒の力作3000点

横須賀美術館

児童生徒の力作3000点 教育

造形作品展31日まで

1月21日号

3本の手すり その意図は

中央駅前Yデッキ

3本の手すり その意図は 社会

清掃活動でデザイン理解

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook