横須賀版 掲載号:2015年12月4日号 エリアトップへ

「思いやり予算」の実態とは 23日、米国人制作の上映会

掲載号:2015年12月4日号

  • LINE
  • hatena
「知ッテイマスカ?」と問うポスター
「知ッテイマスカ?」と問うポスター

 在日米軍基地の駐留経費などをまかなうため、日本が支出している「思いやり予算」-。これの”実態”を描くドキュメンタリー映画「ザ・思いやり」の上映会とアメリカ人監督によるトークショーが今月23日(水・祝)、ウェルシティ市民プラザ5階大学習室で行われる。主催は同映画を横須賀で観る会。

 日本からアメリカ軍に投入されている思いやり予算は34年間で6兆円以上。米兵一人当たり年間1300万円を支給している計算だ。使い道は、基地職員の労務費や在日米軍家庭のための住宅や学校、ゴルフ場の建設費用など。電気代やガス代にも充てられている。

あえてユーモラスに

 監督は、海老名市在住のアメリカ人、リラン・バクレー氏。約20年前から日本に住んでおり、思いやり予算の存在に感じた疑問を呈するため、約3年かけて横須賀・厚木・沖縄など米軍基地のある地を取材した。社会的なテーマをユーモラスにまとめたのが特徴だ。主催団体の沢園昌夫さんは、「横須賀は、思いやり予算がどのように使われているのか非常にイメージしやすい。今までとは違う街の一面を発見できるのでは」と来場を呼びかけている。映画には、「原子力空母の横須賀母港問題を考える市民の会」共同代表の呉東正彦弁護士が登場し、思いやり予算で建築された米軍住宅などを紹介している。

 上映会とトークショーは午前10半からと午後2時半からのそれぞれ2回。チケットは当日1200円(前売り千円)、学生・障がい者500円、高校生以下無料。問合せは沢園さん【携帯電話】090・4835・6681

横須賀版のローカルニュース最新6

「消費者目線」で信頼築く

新会長の横顔──

「消費者目線」で信頼築く 経済

7月3日号

コロナ基金に300万円

ソロプチ横須賀が寄附

コロナ基金に300万円 社会

7月3日号

香川の旧京急車両を再び赤く

香川の旧京急車両を再び赤く 社会

クラファンで寄付募る

7月3日号

WEB会議で市政に意見

市議会会派の対話集会

WEB会議で市政に意見 政治

市民約20人が参加

7月3日号

東京湾集水域の里山と淡水域

観音崎自然博物館

東京湾集水域の里山と淡水域 教育

常設展示を大幅改変

7月3日号

森戸海岸前にホテル

森戸海岸前にホテル 社会

「ガボン葉山」跡地に

7月3日号

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク