横須賀版 掲載号:2016年9月23日号 エリアトップへ

大谷三穂2等海佐 「当たり前に活躍する環境を」

社会

掲載号:2016年9月23日号

  • LINE
  • hatena
乗艦する護衛艦「やまぎり」の艦長席で
乗艦する護衛艦「やまぎり」の艦長席で

 都知事も、防衛大臣も、民進党党首も女性となった。女性リーダーが続々と誕生している。国を挙げて社会進出を後押ししている面はあるが、組織に「新しい風」を吹かせてくれることを期待する声も確かに存在する。男性社会の象徴ともいえる海上自衛隊でも今年2月、初の女性護衛艦艦長が誕生している。護衛艦「やまぎり」を指揮する大谷三穂2等海佐(45)。さきがけとしての心構えを聞いた。

海自初の女性護衛艦艦長

 「初の女性護衛艦艦長」--。否が応でも注目を集める存在だ。これを切り口とした新聞・雑誌のインタビューを就任以来、10回以上受けた。現在、海上自衛隊の中で女性が占める割合は全体の6%弱。隊としても増員させる方向を示しており、大谷2佐は”働く女性”のモデルケースとしての役割も担っている。

 昨年まで、女性の活躍を推進するプロジェクトチームでリーダーを務めた。夫婦の勤務地離れの解消や男性を含めた子育て支援制度の取得向上に声を上げ、一歩前身させたという。

*   *   * 

 防衛大学の女性第1期生。考古学者をめざしていた大学2年生の時、テレビ画面の向こう側で繰り広げられる湾岸戦争に衝撃を受けた。ぬるま湯のような自分の日常を顧みて、いても立ってもいられなくなった。「不思議でなりませんが、国防への意識が沸々と湧いてきたのです」。時を同じくして、防大の女子学生受け入れの新聞記事が目に留まった。再受験の決断に時間はかからなかった。

*   *   * 

 実は脚光を浴びるのはこれが初めてではない。女性初の副艦長に就任した時も同じく話題となった。どのポジションでもフロントランナーを担う使命を背負っている。もちろんそれを本人も自覚。「ここで失敗すると、後進に迷惑を掛けてしまいます。つまずくことはできません」。だからといって背伸びはしない。部下に無用な緊張感を与えてしまうからだ。「肩の力を抜いて、自分らしく」を心がけているそうだ。

 任務にもよるが、母港を1〜2カ月離れることはざら。洋上だからといって身だしなみを怠らず、毎日の化粧は欠かせないという。「ノーメイクで疲れた表情を見せていたら、部下は何かあったのか、と戸惑いを起こしてしまいます。だからいつも同じ姿なのです」と笑顔を見せた。本当かどうかは定かではないが、艦に「新しい風」を吹かせているのは間違いない。

横須賀版のローカルニュース最新6

絵本専門店で墨絵展

俳優・石丸さん

絵本専門店で墨絵展 文化

「野筆」使い山岳風景など

1月14日号

御朱印文化 デジタル技術で

芦名浄楽寺

御朱印文化 デジタル技術で 文化

NFT活用 三浦半島初

1月14日号

一糸乱れぬ勇壮なパレード

一糸乱れぬ勇壮なパレード 文化

出初式に代わり初の試み

1月14日号

“愛で鯛”企画展

観音崎自然博物館

“愛で鯛”企画展 教育

はく製や研究物などズラリ

1月14日号

混ざり合う音楽とアート

森鴎外舞姫の世界

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook