横須賀版 掲載号:2016年9月30日号 エリアトップへ

追浜東町 「銭湯カフェ」で健康づくり 寄席や未病改善メニューの提案も

社会

掲載号:2016年9月30日号

  • LINE
  • hatena

 地域の多世代の人が集うコミュニケーションの場、銭湯。住宅事情の変化などに伴い、町の”お風呂屋さん”も減少傾向にある。「人が集まる場所を、もっと活用できれば」―。そんな計画が動き出している。

*   *   *

 追浜東町商店会の中程にある「ニュー松の湯」。祖父の創業から3代目にあたる山崎涼子さんらが取り組んでいるのが、地域の賑わい拠点づくりだ。不動産関係の仕事の傍ら、「ゆくゆくはカフェを立ち上げたい」と、市内の調理専門学校に通っていた山崎さん。その後、知り合ったカフェ事業の関係者に紹介されたのが、県の進める「未病を改善する取組支援事業」。空き店舗を活用し、”未病”に関連した拠点創出に助成を行うというもの。

 松の湯では、25年前に建て替えた際に喫茶室を設けていたものの数年で使わなくなり、空きスペースになっていた。専門学校で介護食を学んでいたこともあり、「食と健康を身近に感じて、多くの人が集える場所ができれば」と同事業に手を上げ、今年6月に採択された。

*   *   *

 山崎さんの兄と姉、近隣の店主、助産師らと「3代目プロジェクト」として、活動をスタート。かつての喫茶室を改装し、身体と心に”効く・聞く”という意味の「KIKUカフェ」を11月中旬に開設する。「追浜は高齢者も多いが、若い子育て世代も増えている。育児の合間にほっと休めるスペースとして活用してもらえれば」と話す。心の健康にも一役立ちたい―そんな想いもある。

 カフェでは、未病の改善を意識してもらえるよう、健康食材を活用したランチプレートや、コーヒー・紅茶の効能説明なども取り入れていく考えだ。また、商店会内の牛乳店と連携した骨密度測定のほか、口腔ケア等の講座も計画しているという。「お風呂と健康は密接に関係している。銭湯の開放感、これに地域のふれあいも交えることで、相乗効果になれば」と話す。

 カフェオープンに先立ち、10月9日(日)には「銭湯寄席」を開催。「笑うことは、元気の源。銭湯ならではの空間も楽しんでほしい」。健康と地域をキーワードに、構想はさらに膨らんでいる。
 

横須賀版のローカルニュース最新6

絵本専門店で墨絵展

俳優・石丸さん

絵本専門店で墨絵展 文化

「野筆」使い山岳風景など

1月14日号

御朱印文化 デジタル技術で

芦名浄楽寺

御朱印文化 デジタル技術で 文化

NFT活用 三浦半島初

1月14日号

一糸乱れぬ勇壮なパレード

一糸乱れぬ勇壮なパレード 文化

出初式に代わり初の試み

1月14日号

“愛で鯛”企画展

観音崎自然博物館

“愛で鯛”企画展 教育

はく製や研究物などズラリ

1月14日号

混ざり合う音楽とアート

森鴎外舞姫の世界

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook