横須賀版 掲載号:2017年9月29日号 エリアトップへ

不便乗り越える一芸物件

社会

掲載号:2017年9月29日号

  • LINE
  • hatena
アート作品の展示に加え軽食なども提供する
アート作品の展示に加え軽食なども提供する

良好な高台の眺望に誰にも邪魔されない静かな環境。このほか、一癖も二癖もある掘り出し物件を求める人たちが谷戸の「空き家」に注目している。選択の基準は便利さよりも個性のようだ。

人が集うシンプル空間

坂本町「野ざらし荘」

 坂本公園のほど近く。住宅街の坂道から1本奥に入った急な階段の先に母屋と離れが2棟連なる古びた平屋がある。

 都内から2年前に移住したフリーライターの清土奈々子さんは、仲間たちと母屋を改装してアートカフェ「野ざらし荘」を開設した。床をはがして昔話に登場するような土間をつくり、古民家の風情が漂うスペースを創りだした。

 清土さんは空き家や古民家などユニークな物件を専門的に扱う不動産業者のサイトでこの場所を見つけた。

「横須賀が基地の街であることも知らなかった」と話すくらい予備知識はゼロ。初めて訪れ、市街地にありながら周囲の喧騒から隔離されたような雰囲気を味わえるこの場所に一目ぼれした。出産を控えて現在は開店休業の状態だが、来年をめどにアーティストの作品展示やワークショップを行っていくという。

決め手は防空壕

田戸台「山の上ベーカリー」

 田戸台の住宅街に人知れずオープンした「山の上ベーカリー」が密かな人気を集めている。薪窯で焼き上げる手づくりの薪窯パンがウリだ。営業は日中のみとなるが、「ヨーロッパに憧れているマタギの小屋」をコンセプトにしたお洒落なカフェスペースもある。

 事業主は悪条件な土地を開発し、ユニークな形態の店舗やシェアハウスを次々に誕生させている「大関商品研究所」。横浜にあるツリーハウスカフェなどが有名だ。

 今回手掛けた店舗は、大正時代に建てられた築100年超の平屋を全面改装している。商売には不向きと思われるこの場所への出店を決めたのは裏庭にあった戦前の防空壕の存在。ワインセラーや談話ルームとしての活用などが思い浮かんだという。

 同社では住宅や店舗のリノベーションも手掛けており、近く横須賀に拠点を構える計画。空き家や古いビルにアイデアとセンスで新しい価値を吹き込むという。
 

▲大正時代の古民家を全面改修したカフェスペース
▲大正時代の古民家を全面改修したカフェスペース
▼奥に何部屋もある防空壕
▼奥に何部屋もある防空壕

横須賀版のローカルニュース最新6

晴れ着姿で旧交温め

新成人のつどい

晴れ着姿で旧交温め 社会

1月17日号

「目標となる人見つけて」

ソフトボール西山麗さん

「目標となる人見つけて」 スポーツ

中学生の強化合宿で講演

1月17日号

認知症と口腔ケア

認知症と口腔ケア 社会

歯科大附属病院で講座

1月17日号

機能強化に検討会設置

追浜駅前ターミナル

機能強化に検討会設置 経済

行政関係や日産・DeNAも参加

1月17日号

ショパンの魅力 演奏と共に

教育会館名曲セミナー

ショパンの魅力 演奏と共に 文化

ピアニストの宮谷さんが解説

1月17日号

「らしくない信用金庫」

「らしくない信用金庫」 経済

湘南の石渡理事長が新年方針

1月17日号

庭園活用し体験イベント

庭園活用し体験イベント 文化

万代会館で25日

1月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「努力を続ける方法論」

「努力を続ける方法論」

弁護士の山口真由氏が講演

2月17日~2月17日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク