横須賀版 掲載号:2017年11月10日号
  • googleplus
  • LINE

産業まつりに起業体験ブース 中高生の「会社」が出展

経済

出資者にプレゼンし会社を設立=写真上=、販売プランを練った
出資者にプレゼンし会社を設立=写真上=、販売プランを練った
 今月11日(土)・12日(日)に三笠公園で催される「よこすか産業まつり」に、こども起業体験のブースが設けられる。ヨコスカバレー構想実現委員会が企画したもので、中学生5人・高校生4人の計9人が2つのチームに分かれて、飲食店を運営する。

 事業に着手したのは10月。公募で集まった中高生はまず、内容や販売プランなどのビジネスアイデアを立てて事業計画を作成。費用はクラウドファンディングで賄っており、投資家役にプレゼンテーション行い、来店ターゲットや企画意図などの質問から、計画を練り直す場面もあった。その後、市内の行政書士のサポートを受けて、おでん販売の「ほかほかおでん株式会社」と、焼き餅を売る「おもっちー株式会社」を疑似的に”登記”。会社を立ち上げとなった。

 2日間の販売終了後は「損益計算書」「貸借対照表」などの決算書類を作成し、株主総会を開いて出資者に分配。会社を解散し、プログラム終了となる。

 当日のブースは89・90。「どのような売り方がいいのか」など、その場の動向などからの学びも多く、「事業計画から販売結果までを実際に体験することを通じて、横須賀のこどもたちの生きる力を育みたい」とバレー担当者は話している。

市内事業者PRの場

 産業まつりは市内の企業や団体約120が出展。製品やサービスPRのほか、飲食ブースも多数用意。抽選会もある。屋外ステージでは米海軍第7艦隊音楽隊(11日)のほか、市内の高校ダンス部、フラダンスグループなどが出演する。荒天の場合中止、両日とも午前9時から。

庭木のお手入れ承ります見積無料

今なら「タウン見た」で10%OFF !(2万円以上のご依頼に限る)

https://www.919g.co.jp/

<PR>

横須賀版のローカルニュース最新6件

止まぬ「転出超過」40万人割れ

人口減に立ち向かう―【1】

止まぬ「転出超過」40万人割れ

2月23日号

「スピード感重視で横須賀復活」

冬場の入浴に潜む危険

ヒートショック

冬場の入浴に潜む危険

2月23日号

地下道に親しみ持って

コスプレと地元 架け橋に

横浜との相互利用開始

市立図書館

横浜との相互利用開始

2月23日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歩いて解明 歴史の謎

月刊「ムー」×横須賀市

歩いて解明 歴史の謎

2月24日~5月6日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

お問い合わせ

外部リンク