横須賀版 掲載号:2017年11月17日号 エリアトップへ

若手農家×薬膳 おいしいだけじゃない 地場産みかんの効能解説

文化

掲載号:2017年11月17日号

  • LINE
  • hatena
プログラムに登壇する3人
プログラムに登壇する3人

 「横須賀のみかんはすごい!を伝えたい」―。市内で活動する「薬膳の良さを広める会”さんざし”」が津久井浜観光農園のみかん農家・小林大晃(ひろあき)さんとのコラボイベントを催す。11月19日(日)、会場は汐入駅前の産業交流プラザ第1研修室、午後4時半開演。

 「みかん・蜜柑・ミカン〜千代先生とヒロアキくんのおいしい話」と題し、国際薬膳師の石渡千代さん(池上在住)と小林さんが、その効能や栽培の様子などを解説する。これまで廃棄されていた「摘果みかん」の活用法も提案。試食やレシピ紹介のほか、ゆやまくみこさんによる紙芝居「みかん色の涙」も企画している。

 今年2月に”さんざし”が出版したレシピ本「季節を彩るおしゃれな薬膳」の再販を記念した催し。

 会費は一般1500円、学生1000円で、同レシピ本を進呈。問い合わせは金子さん【携帯電話】090・1044・4342

横須賀版のローカルニュース最新6

小説の世界描いて

ガリバーはがき絵コンクール

小説の世界描いて 文化

8月末まで募集

8月12日号

日本代表選出を報告

パソコン世界学生大会

日本代表選出を報告 教育

8月12日号

地域観光を応援

かながわ信用金庫

地域観光を応援 経済

デジタルサイト開設で

8月12日号

地球に捧げる魂の響き

地球に捧げる魂の響き 文化

9月17日に「地球交響曲」上映会

8月12日号

気候変動から海を救え

気候変動から海を救え 社会

プロダイバーが講演

8月12日号

猿島が学びの舞台

猿島が学びの舞台 教育

高・大生対象「よこすかラボ」

8月12日号

本まぐろ直売所

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。8月5日~15日は毎日営業

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月12日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook