横須賀版 掲載号:2017年11月24日号 エリアトップへ

追浜地区 「ベイの街」ムード醸成へ ファン2万人 今週末イベント

スポーツ

掲載号:2017年11月24日号

  • LINE
  • hatena
第2第3自由広場は9月に利用終了、工事が進む
第2第3自由広場は9月に利用終了、工事が進む

 夏島町の横須賀スタジアムで今月25日、プロ野球・横浜DeNAベイスターズのファン感謝イベントが催される。例年、会場になっている横浜スタジアムの改修により、今回のみ横須賀での開催となる。当日は、約2万人の来場が予想されており、総合練習場と選手寮の移転を控えた追浜地域も、「ファン受け入れの好機にしたい」と話す。

 リーグ3位からの日本シリーズ進出に沸いた今年のベイスターズ。例年、横浜スタジアムで「ファンフェスティバル」を行っているが、今年は同球場が増築・改修のため使えず、横須賀スタジアムと追浜公園で開催される。入場チケットは事前に完売しており、当日は約2万人の来場を見込む。安全確保のため、追浜駅前とスタジアム周辺の交通規制も行われる(午前8時から午後5時)。

 駅前の夏島貝塚通りでは、妙法橋交差点までを車両通行禁止にし、車道を開放。ベイスターズが球場で使用している車両の展示や遊具の設置などを計画しているという。これらの連携には横須賀市も関わっており、スポーツ振興課は「将来的な追浜地域の活性化の足掛かりになれば」と話している。

 追浜商盛会では、スタジアム会場内に地元ブランド品のワインやケーキ、カレーの物産ブースを設ける予定で、地元飲食店の出店もあるという。織田俊美代表理事は「2軍本拠地となる追浜の街を、ファンの人たちに知ってもらう絶好の機会」と期待を表した。地元商店主も、来場者には会場と駅を行き来するだけでなく、「商店街のお店に立ち寄って楽しんでほしい」と話す。

 ただ、イベントに関しては、2万人規模の人出と大掛かりな交通規制などもあり、地元住民の生活への影響を不安視する声もある。

再来年、2軍拠点移転

 追浜への総合練習場と選手寮の移転は2019年3月に予定されており、横須賀スタジアムに隣接する追浜公園第2第3自由広場はすでに、取り壊しの工事に入っている。

 2軍施設移転を地域活性につなげたいと、地元でも動き出している。これまで「追浜デ―」など子ども向け企画や「よこすかカレーゲーム」などファームの試合と連動したイベントを実施してきた。

 同地域運営協議会では今年5月に「ファーム本拠地移転に伴う検討部会(ベイスターズ部会)」を設立し、連携方法などを摸索しているところだという。他球団の2軍施設へ視察に赴いており、「(ベイスターズには)町の一員になってもらいたいという思いがある。どのように連携・活用し、地域全体の活性化につなげられるか考えていきたい」と担当者は話している。

横須賀版のトップニュース最新6

レンコン栽培を街の魅力に

津久井

レンコン栽培を街の魅力に 社会

農家と大学院生が協働

8月12日号

狙うは全国の頂き

中学生女子ソフトボール

狙うは全国の頂き スポーツ

初出場のゴールドウェーブ

8月12日号

地域共作の“武丸音頭”

武山連合町内会

地域共作の“武丸音頭” 文化

動画配信でお披露目

8月5日号

空間拡張、見せ方も工夫

YRP無線歴史展示室

空間拡張、見せ方も工夫 社会

校外学習の受け入れ強化

8月5日号

「九尾の狐伝説」続編創作

衣笠三雄堂書店

「九尾の狐伝説」続編創作 文化

三浦義明切り口に地元作家と

7月29日号

北図書館を駅前に移転

追浜地区再開発

北図書館を駅前に移転 経済

基本方針の策定は有隣堂

7月29日号

本まぐろ直売所

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。8月5日~15日は毎日営業

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月12日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook