横須賀版 掲載号:2017年12月1日号
  • LINE
  • hatena

住友重機械工業 浦賀奉行所跡地を寄付 活用方法は市と地域で協議

文化

「奉行所跡」の標柱と堀の石垣を残すのみ
「奉行所跡」の標柱と堀の石垣を残すのみ

 幕末に江戸湾の海防役を担った浦賀奉行所の跡地(西浦賀5丁目)が、土地所有者の住友重機械工業株式会社から横須賀市へ無償で寄付されることになった。上地克明市長が先月27日に、同社の別川俊介社長と面談し、その申し出を受けたもの。契約などの手続きは今後調整していく方向で、上地市長は「市にとっても喜ばしいこと。地元の関係団体や周辺住民の意見を聞きながら、庁内で活用方法を検討していきたい」と述べた。

旧社宅は今夏撤去

 奉行所跡地には、1966年頃に同社の社宅が建てられ、約50年間使われてきた。老朽化が進み、2013年以降は誰も住んでいなかった。防犯や景観面で不安視する声もあり、浦賀鴨居地域運営協議会など地域団体は早期撤去を同社に要望。これに応じる形で、今年6月からに社宅3棟の解体工事が行われていた。

 現在は更地の状態で、6705平方メートルの敷地には、約160年前の堀の石垣と石橋の伊豆石が数枚残るのみ。建物の撤去後、地面はダスト舗装されている。

復元に向けた活動も

 2020年が奉行所の創設300年にあたることから、昨年6月に地元商店会や歴史研究会などが参加して「復元協議会」を発足。地域のイベントなどで呼びかけを行っている。同会会長で歴史研究家の山本詔一さんは「浦賀の発展は奉行所から始まった。街のシンボルとして貢献できる形になれば」と期待。復元に関しては「大掛かりで難しいかもしれないが、まずは発掘調査をして、文化財として登録できるものがあれば活かしていきたい」と話した。

横須賀版のローカルニュース最新6件

いきいきシニアの元気の源は

好奇心に突き動かされて

いきいきシニアの元気の源は

3月15日号

医療現場のAI事情

地元店舗利用で応援

子育てサークルがマルシェ

お手軽「歌舞伎」入門

求む「鯉のぼり」

久里浜商店会

求む「鯉のぼり」

3月15日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月15日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

  • 3月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

会津清酒を飲み比べ

会津清酒を飲み比べ

12の蔵元の品、日本酒講座も

3月22日~3月22日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク