横須賀版 掲載号:2017年12月15日号
  • LINE
  • hatena

「えんげ体操」で口もと元気 園児が「祖父母参観」で披露

教育

「パッパッパ」と歌いながら身体を動かした
「パッパッパ」と歌いながら身体を動かした
 本町の横須賀幼稚園で今月8日、「おじいちゃまおばあちゃま いつもありがとう会」が行われた。参観行事として今年初めて企画。年長「ほしぐみ」の祖父母19人が参加した。

 園児がこの日のために準備したのが「えんげちゃん体操」。年長クラスの担任が幼児の摂食嚥下(飲み込み)の講習会で、NPO法人メディカルケア協会と出会ったことがきっかけ。同法人では、全身を動かしながら顔の筋肉や神経を刺激する”嚥下体操”を発案。誤嚥性肺炎の予防啓発活動を展開しており、「飲み込みに関するトラブルは幼児も高齢者にもある共通のもの。一緒に体操して気を付けることができれば」と会のプログラムに組み込み、約2カ月間練習を重ねた。

 園児は、軽快な音楽に合わせて元気に踊り、祖父母らもこれを真似しながら、体操で全身を動かした。「食事時にむせることもあったが、意識していなかった。ここで学べてよかった」「立派に成長している様子が見られて嬉しい。嚥下にも気を付けたい」との感想が相次いだ。

 会の後半では「おみせやさんごっこ」のブースで、ケーキや魚釣り、工作、アクセサリーのグループでおもてなし。さらに、「見上げてごらん夜の星を」をお遊戯で披露する姿に、涙を浮かべるおばあちゃんの姿もあった。

横須賀版のローカルニュース最新6件

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 1月4日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月11日号

お問い合わせ

外部リンク