横須賀版 掲載号:2018年6月15日号
  • googleplus
  • LINE

ごみ減量に「キエーロ」 考案者の松本氏が説明

社会

木箱に土を入れる形で仕組みはシンプル
木箱に土を入れる形で仕組みはシンプル
 横須賀市資源循環部は8月7日(火)、葉山町在住の松本信夫氏が考案した生ごみ処理器「キエーロ」の講座を開催する。会場は市役所5階正庁。時間は午後2時から3時半。

 キエーロは土の中のバクテリアを用いて生ごみを分解する処理機。風通しの良い木箱に土を入れるシンプルな構造で、食用湯やカレー・汁物も分解でき、臭いや虫の心配もないという。庭などに直置きするほか、ベランダに設置するタイプもある。

 当日は、松本氏がその仕組みや上手な使い方を解説するほか、会場では、キエーロ以外の電気式処理機・コンポスト容器なども展示する。市担当者は「ごみ減量などの課題解決に活用してほしい」と話しており、キエーロを含めた生ごみ処理機の購入助成も行っている(費用の半額まで/上限3万円)。

 参加対象は市内在住で、先着200人。聴講無料。申込は、はがきに氏名・住所・連絡先を記入の上、〒238-8550 横須賀市小川町11 市役所資源循環推進課「啓発係」へ。

 詳細は担当課【電話】046・822・8230

横須賀版のローカルニュース最新6件

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最強決める闘い

最強決める闘い

花の国で昆虫バトル

8月18日~8月18日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク