横須賀版 掲載号:2019年1月18日号 エリアトップへ

「平成町」名称はこう決まった。 元年当時、候補に「新安浦」など4案

文化

掲載号:2019年1月18日号

  • LINE
  • hatena
大型商業施設や住宅が共存する現在の街並み
大型商業施設や住宅が共存する現在の街並み

 明治・大正・昭和、そして平成―。時代の元号というだけでなく、学校や企業の名称にも採用されている。横須賀市でなじみが深いのは「平成町」ではないだろうか。安浦地区の埋立事業で生まれた新たな町に付けられた名称。誰が・いつ・どのように決めたのか―。当時を遡るとともに、町の変遷を追った。

 昭和64年、1月1日付の「広報よこすか」。表紙を飾ったのは安浦地区の埋立事業の写真だ。「未来の繁栄を築く」というタイトルに、都市基盤の整備が市最重要課題であるとして、事業を「鍵を握るもの」と表現していた。この計画は、新港町から三春町にかけた海面約58 haを埋め立て、新たな町を造るというもの。前年の昭和63(1988)年末に第1工区が竣工。年頭の時点で、名称は決まっていなかった。

 それでは、いつ町名が定められたのか。市議会会議録によると、平成元年3月の建設常任委員会で議論が交わされていた。都市整備部長(当時)の発言では「新しい町として名称をつけることで地元の了解を得、関係9部で構成する調整会議に諮り了承を得た」とある。この決定を基に、市役所の関係各部職員から前年(昭和63年)12月末を期限に町名を募集したという。そこで出された候補は235件。検討の結果、「海陽」「豊浦」「新安浦」「平成町」の4つに絞られた。中央地区や安浦の町内会等からは事前に「新安浦」という名前が挙がっていたといい、最終的に行政が1つを選ぶことを確認していた。

「元号だから」ではない

 4つの候補から結果として平成町になった訳だが、その理由を「中国の古典の史記、五経の中に『平』は『平らか』で平和を意味し、『成』は『達成』で平和が達成される―という意味として出ており、平和産業港湾都市を市是とするなかで、新たに生まれた土地につけるにふさわしい」と前出の都市整備部長は説明している。併せて、「元号を安易に取り入れた訳ではない」と答弁。ただ、担当部等での議論の中で「元号はどうなのか」との意見も挙がっていた。

 加えてこの一連の過程について、「決定までが早すぎる」という見方もあった。1月13日には4候補について庁内でヒアリングを行い、2月10日には平成町という名称で市長決裁を得ていたという。「新町名は市民の意思を十分に尊重、反映したものとは言えない」「一世一元の元号を新町名にするのはどうか」と反対の請願があったが、賛成少数で不採択となった。

 そして行政手続きを経て、元年5月1日に平成町が生まれた。同月の市広報には「今月1日、平成町が誕生しました」と記されている。

*  *  *

 当時、市政のトップにいたのは横山和夫氏。元年3月の市広報で「平和」を希求する想いを込めた文章を寄稿している。その文末では「平成とは誠に素晴らしい元号だとつくづく、かつ、しみじみと思う」と述べている。町名について市役所内部では大方決定していたものの、議会で議論する前のこと。「平成町」命名への思い入れがあったことが垣間見える。

海洋都市構想、今は住・商のまち海辺の「ニュータウン」に発展

 平成町誕生の起源となる「安浦地区埋立事業」はいつ始まったのか。1981(昭和56)年、「横須賀市都市基本構想」の中で「まちの賑わいづくりのために臨海部の開発が必要」として市の基本計画に埋立事業が組み込まれた。後に、海上都市のイメージや人工島計画なども盛り込まれ、大がかりなシンポジウムや協議会も開かれた。埋め立ての必要性について、港湾の計画書では「新港施設の拡充」「住工混在の解消」などを挙げていた。

 事業が進む中で、経済情勢の変化もあり、当初の構想から内容が改訂され、「よこすかポートフロンティア」や「海辺ニュータウン」と計画は姿を変えた。平成5年5月には粗造成完了をうけ、船上式典が盛大に行われている。「複合都市形成に期待」との見出しでその様子が新聞記事になっている(5月25日付神奈川新聞)。

 以降、1996(平成8)年7月にはよこすか海岸通りが供用開始。大型商業施設や中高層マンション、県立保健福祉大学のほか、工場や事業所が立ち並ぶ町と変遷を遂げた。同地区に隣り合う新港町には、警察署や救急医療センター、官公庁が順次移転。こども園設置計画も進むが、一帯の整備は、平成の終わりに落ち着いたところだ。

埋立から造成の変化(市港湾部提供)
埋立から造成の変化(市港湾部提供)

横須賀版のローカルニュース最新6

アートと音楽が溢れ出す

横須賀丸ごとエンタメ空間

アートと音楽が溢れ出す 文化

エンターテインメントによる街の魅力づくりに取り組んでいる横須賀市は今秋、「Yokosuka Art&Music Festival 2019」と題したイベントを全市で展開する。各エリアで地域資源を活用した企画が用意されているほか、新たな視点を盛り込んだ斬新な試みもある。主な内容をピックアップした。

9月20日号

台風乗り越え開花

くりはま花の国

台風乗り越え開花 文化

コスモスの見ごろに

9月20日号

東京湾沿い 歩いて楽しむ

東京湾沿い 歩いて楽しむ 文化

史跡巡りやご当地グルメ

9月20日号

働く意味教えて

FMブルー湘南「中学生の質問箱」

働く意味教えて 社会

9月20日号

三浦半島の富士山信仰

富士講先達に聞く

三浦半島の富士山信仰 社会

9月20日号

「ペット火葬場」存続求め署名

「ペット火葬場」存続求め署名 社会

動物愛護協会が呼び掛け

9月20日号

手作り品通じ福祉を理解

手作り品通じ福祉を理解 社会

米が浜通「辰若」でイベント

9月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

至極の和楽器アンサンブル

至極の和楽器アンサンブル

衣笠コミセン体育館で演奏会

10月5日~10月5日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク