横須賀版 掲載号:2019年1月18日号 エリアトップへ

笑顔で子育て ゆっくり前進

掲載号:2019年1月18日号

  • LINE
  • hatena

 我が家の末娘、小学2年生のうららはアンジェルマン症候群という遺伝子疾患を持っています。特徴はいくつかあり、睡眠障害やてんかん発作、発語がほとんどないことなどはこれまでの連載の中でも何度か触れてきましたが、その他にさまざまな疾患の中でも唯一と言われるほど珍しい特徴があります。それは『笑顔』。うららはいつもテンションが高く、ニコニコと楽しそうに笑います。アンジェルマン症候群の脳波は特徴があり、躁鬱の「躁」の状態が続いているようで、海外では別名『ハッピーパペット(幸せそうな操り人形)』とも呼ばれています。

 満面の笑顔は乳幼児期から健在で、一緒に出掛けると道行く方から「こんなにニコニコのお子さんで、お母さん幸せ者ね!」「おじさんにも笑ってくれてありがとう!」と声を掛けられることも多々ありました。だけど障害がわかってからは、その笑顔が疾患の特徴であることがとても悲しく、うららの笑顔をほめてくれる方に対して「何もわからないくせに」と、悲観的になってしまうこともありました。

 それでもやっぱり笑顔のパワーってすごい!障害のことで悩み、落ち込んでいた私を救ってくれたのは他でもないうららの笑顔。彼女のその表情があったから、しっかり現実を受け入れ、進んで行かなければと、明るく前を向くことができたのかもしれません。障害の特徴というとマイナスのイメージを持たれてしまいがちですが、その笑顔はむしろ最大の長所。私だけでなく、他の家族もお友達も、みんなを元気にしてくれる、素敵な”天性”だと思っています。
 

本まぐろ直売所

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。8月7日~17日は毎日営業

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

横須賀版のコラム最新6

でこぼこ道の子育て記

でこぼこ道の子育て記

15.今の「努力」はどこまで?一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

7月17日号

迅速な対応で市民の「安心」提供

コロナの今、その先─―〈保健福祉〉

迅速な対応で市民の「安心」提供

行政現場で対策に奔走する2人

6月19日号

でこぼこ道の子育て記

でこぼこ道の子育て記

14.「病気だから」割り切る気持ち一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

6月19日号

社会を勇気づけるのは文化の役割

【Web限定記事】コロナの今、その先─ <演劇>

社会を勇気づけるのは文化の役割

横田和弘氏(神奈川県演劇連盟理事長)

6月5日号

「オンライン」必要性と現実的課題のジレンマ

【Web限定記事】コロナの今、その先─ <教育>

「オンライン」必要性と現実的課題のジレンマ

米持正伸氏(横須賀市教育委員会事務局 学校教育部部長)

6月5日号

困難な状況も悲観している暇はない

【Web限定記事】コロナの今、その先─ <スポーツ>

困難な状況も悲観している暇はない

須長由季氏(2020東京五輪 ウインドサーフィンRSX級女子代表内定)

6月5日号

あっとほーむデスク

  • 8月7日0:00更新

  • 7月31日0:00更新

  • 7月17日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

風を感じよう

ウインドサーフィン&SUP

風を感じよう

体験教室に五輪内定の須長選手

8月29日~8月30日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月7日号

お問い合わせ

外部リンク