横須賀版 掲載号:2019年2月8日号
  • LINE
  • hatena

「チーム横須賀」2連覇へ かながわ駅伝10日号砲

スポーツ

中軸として期待される古林選手
中軸として期待される古林選手

 県内の市町村対抗「かながわ駅伝」が2月10日(日)に開催される。秦野市をスタートし、相模原市までの約50Kmを男女混合7人の代表選手がタスキを繋いでいく。

 昨年初優勝を飾ったチーム横須賀。監督の加藤将さんは「2連覇に挑戦できるのは横須賀だけ。最高のメンバーが揃った」と話す。

箱根出場選手に注目

 カギを握るのは1月の箱根駅伝に学連選抜として走った防衛大学校4年の古林潤也選手。同大16年ぶりの箱根出場ということもありメディアから注目を集めた。

 徳島県鳴門市出身。11年の東日本大震災での自衛隊が活動している姿を目にし「自分も最前線で国を守りたい」と同大に入学。一昨年のかながわ駅伝にも参加したが「悔しさが残る結果だった」。学生として迎える最後の大会。「横須賀にきた足跡を残したい」と話した。

 チームには、昨年アンカーとして逆転劇を演じたキャプテンの秋澤啓尚選手や、都道府県対抗駅伝の県代表として5区を走った内田隼太選手(法政二高)も昨年に続き顔を揃える。加藤監督は「普段通りの走りができれば、勝てる可能性は十分」と期待をかけた。

横須賀版のローカルニュース最新6件

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク