横須賀版 掲載号:2019年2月15日号 エリアトップへ

かながわ駅伝 「チーム横須賀」2位健闘 連覇にあと1歩届かず

スポーツ

掲載号:2019年2月15日号

  • LINE
  • hatena
ゴールテープを切る秋澤主将
ゴールテープを切る秋澤主将

 県内32の市町の代表で競われる「かながわ駅伝」が2月10日、秦野市から相模原市の7区51・5Kmのコースで行われ、横須賀市は2位でゴールした。初の2連覇とはならなかった。

 1区から9位でタスキを渡された2区の古林潤也選手(防衛大)は、学連選抜として今年の箱根駅伝で6区を走った実力を持つ。区間2位の好タイムで全体順位を3位まで押し上げた。「彼の走りでチームに勢いがついた」と加藤将監督(長井中教諭)。続く3区の内田隼太選手(法政二高)も2年連続となる区間賞の走りで一気にトップに躍り出た。

 その後4、5、6区で後退するも3位に踏みとどまり、こちらも箱根駅伝を経験しているアンカーで主将の秋澤啓尚選手へとタスキを繋いだ。昨年も最後のランナーとして逆転劇を演じた秋澤主将。区間賞の走りで追い上げるも2位でのゴールとなった。1位の川崎市とは約2分30秒。「力の差を感じた」と悔しさをにじませた。それでも「チーム一丸となって全力で臨めた」と清々しい。加藤監督は「以前とは違い2位で悔しいと思えるほど、チームとして力がついてきた」と成長を実感。すでに来年に向け、王座奪還へと気持ちを切り替えている。

「地元に恩返しを」

 主将の秋澤選手は中学時代から同駅伝に出場。「思い入れの強い大会」と話す。昨春、大学卒業後に実業団チームに入るも9月で退社。駅伝ではなくマラソンに専念することを決意し、現在は一般企業で働きながら、市民クラブで練習に励む。同大会への参加は「自分を育ててくれた地元に恩返しをしたい」という思いから。今後は来月開かれる琵琶湖毎日マラソンに出場予定。個人としてもさらなる高みを目指す。

横須賀版のローカルニュース最新6

猿島舞台にVRゴルフ提案

猿島舞台にVRゴルフ提案 経済

実現に向け立案と検証

10月11日号

「バイクの魅力、広めたい」

「バイクの魅力、広めたい」 スポーツ

世界選手権参戦中の長島さん

10月11日号

会派マニフェスト発表

よこすか未来会議

会派マニフェスト発表 政治

政策課題を市民と共有

10月11日号

迫力の運慶仏

迫力の運慶仏 文化

芦名・浄楽寺で開帳

10月11日号

観艦式グッズで盛り上げ

さかくら総本家

観艦式グッズで盛り上げ 社会

特別パッケージやTシャツ販売

10月11日号

呑兵衛の祭典

横須賀中央周辺

呑兵衛の祭典 経済

流しの漫才コンビも登場

10月11日号

スカジャンで横須賀ロック

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク