横須賀版 掲載号:2019年2月15日号 エリアトップへ

笑顔で子育て ゆっくり前進 連載26 成長と伴走 「待つ」大切さ

掲載号:2019年2月15日号

  • LINE
  • hatena

 我が家には4人のこどもがいます。上から高2・高1・中1・そして小2の娘、アンジェルマン症候群のうららです。いつもは障害児であるうららのエピソードが中心ですが、今回は兄姉の子育てについて書いてみたいと思います。

 実は今、中学1年の次男は反抗期のピーク真っ只中。環境の変化に加え、心も体も大きく変化する多感な時期。親の言うことを素直に受け入れるはずもなく、私が何か言えば「わかってる・うるさい・今やろうと思ってた」のくりかえし。本人も頭では分かっているのに、つい楽な方を選んでしまう。そんな自分に対して、それじゃダメだと余計にイライラ…。長男長女にもこんな時期があったのですが、今では親子でぶつかることがだいぶ減り、何かあった時には”話し合う”という形に自然と変わってきています。次男も早く落ち着いてくれたらと思いますが、それぞれ迎えた「反抗期」に対して、きょうだいのいずれも同じように向き合えばいいものではないので難しい!

 子ども自身に「やりたいことを決め、それを続けていくために今、何をしなければいけないのか」を自分で気付いてもらいたい―ということは長男から変わらず伝えていますが、その子によって伝わり方・感じ方が違うなぁと実感。我が子でもそれぞれ違うのだと気付かされます。

 そう考えると、障害があってもなくても、子育てはひとりとして同じようにいかないのが当たり前。悩む場面は違えど、あまり干渉し過ぎず、じっと堪えて「待つ」しかないというところは、同じなのかもしれません。
 

横須賀版のコラム最新6

第2波に備え、日常生活に感染予防を

【Web限定記事】コロナの今、その先―〈医療〉

第2波に備え、日常生活に感染予防を

遠藤千洋氏(横須賀市医師会会長)

5月29日号

横須賀の経済構造を抜本的に変える時

【Web版限定記事】 《経済》

横須賀の経済構造を抜本的に変える時 社会

平松廣司氏(横須賀商工会議所会頭) 

5月29日号

文化の維持・発展に「今が正念場」

【Web限定記事】コロナの今、その先―音楽

文化の維持・発展に「今が正念場」

宮本史利氏(よこすかの音楽家を支援する会)

5月22日号

迫られる「来店重視」からの脱却

【Web限定記事】コロナの今、その先―〈飲食・観光〉

迫られる「来店重視」からの脱却

鈴木 孝博氏(株式会社 ヤチヨ 代表取締役社長)

5月15日号

でこぼこ道の子育て記

でこぼこ道の子育て記

12.自宅でのリハビリがスタート一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

3月20日号

でこぼこ道の子育て記

でこぼこ道の子育て記

11.義父、長男それぞれの「不安」一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

2月21日号

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク