横須賀版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

よこすかカレー大使・一条もんこさん 「カレーはコミュニケーションツール」 カレーブームの火付け役は紛れもなく横須賀だが、追随する新興勢力も止まらない。昨今のカレー事情を「よこすかカレー大使」の一条もんこさんに聞いた。

経済

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena

 ──特産品を用いたご当地カレーやカレーをテーマにしたグルメイベントが全国各地に広がっています。

 「カレーは食材の包容力があるため、ご当地グルメとしての展開が容易。イベントに関しては、デパートやスーパーの催事コーナーから始まり、商店街、地域、自治体単位に発展しています。その中でも『よこすかカレーフェスティバル』は全国的に群を抜く規模です」

 ──今週末のカレーフェスでは、首都圏でカレーを活用した街おこしに取り組む「神田」「下北沢」が顔を見せます。

 「神田は『本とカレーの街』として古くから知られています。片手に本、片手にスプーン。本を読みながらカレーを食すスタイルが昔から定番だったそう。古書店の数と同様にカレーを提供する店が多数あります。下北沢には仕掛け人がいて、様々なジャンルの飲食店がカレー味の料理を開発し、メニュー化しています。2つの街に共通しているのが、統一レシピが存在しないこと。『よこすか海軍カレー』と異なる展開の仕方です」

 ──カレーは全国的なブームだと聞いています。

 「スーパーのカレーコーナーはここ数年で売り場面積が2倍近くに広がっています。レトルトカレーの種類も格段に増えています。震災被災地でレトルトが重宝され、その美味しさに多くの人が気づいたことが挙げられます。ご当地カレーのブームもレトルト商品化を加速させています」

 ──最後にカレー大使としてどんな活動を。

 「提案したいのは、カレーは最高のコミュニケショーツールであること。大鍋で多くの人とシェアしながら食べる楽しみ方です。おうちカレー自慢コンテストなども開いてみたい。カレーを介して市民と市民をつなぐ、そんな存在になれたらと思っています」

仏師が制作、表彰盾

 5月18日・19日に三笠公園で「よこすかカレーフェスティバル」が開かれる。この中の企画である全国ご当地カレーグランプリの1〜3位に贈られる盾を、市内在住の仏師・梶谷叡正さんと息子の巧さん=写真=が制作した。

 木製のA4サイズ。マスコットキャラのスカレーを彫刻でデザインした。19日の結果発表で上地市長が入賞者に贈呈する。2人は記念艦「三笠」の船首にあるキクの紋章を手掛けている。

カレー・スパイス料理研究家の一条さん
カレー・スパイス料理研究家の一条さん

横須賀版のローカルニュース最新6

猿島舞台にVRゴルフ提案

猿島舞台にVRゴルフ提案 経済

実現に向け立案と検証

10月11日号

「バイクの魅力、広めたい」

「バイクの魅力、広めたい」 スポーツ

世界選手権参戦中の長島さん

10月11日号

会派マニフェスト発表

よこすか未来会議

会派マニフェスト発表 政治

政策課題を市民と共有

10月11日号

迫力の運慶仏

迫力の運慶仏 文化

芦名・浄楽寺で開帳

10月11日号

観艦式グッズで盛り上げ

さかくら総本家

観艦式グッズで盛り上げ 社会

特別パッケージやTシャツ販売

10月11日号

呑兵衛の祭典

横須賀中央周辺

呑兵衛の祭典 経済

流しの漫才コンビも登場

10月11日号

スカジャンで横須賀ロック

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク