横須賀版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

大滝町ライブハウス 大音量で音楽映画 よみがえる大スクリーン

文化

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena
映画館だったころのスクリーンは今も健在
映画館だったころのスクリーンは今も健在

 大滝町のライブハウスレストラン「ヤンガー・ザン・イエスタディ」(YTY)が、映画と音楽を融合させた新しい文化の発信に挑む。主に「音楽を題材にした映画」に焦点を当て、ライブ用のスピーカーを使って大音量で作品を楽しんでもらう。

 YTYは、閉館した映画館(元横須賀東映パラス)をリニューアルして2001年にオープン。以来、多ジャンルの音楽で連日盛り上がっている。ステージ上には、かつて映画館であったことを物語る大型スクリーンが今も残されており、アーティストやバンドの演奏に合わせて映像を流すなどの演出に使われている。

 映画の上映に踏み切ったのは、一時的ではあるが街から映画館が姿を消してしまったことが理由だ。「映画は娯楽の中心。文化の灯が消えるようでさみしい」とオーナーの佐々木滋さん。ライブハウスの雰囲気を活かし、聴覚と視覚を同時に刺激するような作品を届けようと考えた。レストランでもあるため、飲食を楽しみながら鑑賞する自由なスタイルも提案していくという。さらには、作品に関連する音楽を演奏するなど「ライブ+映画上映」の展開も企画したいと意気込んでいる。

『ボヘミアン・ラプソディ』上映

 第1弾として、9月14日(土)に、世界的人気のロックバンド「クイーン」のヴォーカル、フレディ・マーキュリーの半生を描いた大ヒット作『ボヘミアン・ラプソディ』を上映する。開映時間は正午・午後4時・8時の3回。各回定員100人。料金は1人1000円(ワンオーダー制)。

 予約はYTY【電話】046・828・8306

横須賀版のローカルニュース最新6

「横須賀の景色、歌に乗せて」

3人組バンド

「横須賀の景色、歌に乗せて」 文化

新曲リリースで自主企画ライブ

12月3日号

闇夜に浮かぶ

闇夜に浮かぶ 社会

ゴジラのイルミ

12月3日号

「カイ」だけど「タコ」

「カイ」だけど「タコ」 教育

観音崎自然博物館に“珍客”

12月3日号

「駅弁半島」拡大に支援を

「駅弁半島」拡大に支援を 経済

リターンに地場野菜など

12月3日号

種付け完了、元気に育って

猿島産ブランドわかめ「さるひめ」

種付け完了、元気に育って 経済

12月3日号

次期県議選の定数協議

次期県議選の定数協議 政治

横須賀・三浦が再編対象

12月3日号

本まぐろ直売所

12/4・5は13周年感謝セール、毎月第2・4土日は特売日!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook