横須賀版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

「ハマちゃんバス」本格運行 タクシー事業者が事業継続

経済

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena
夕方は買い物帰りの利用者も多数
夕方は買い物帰りの利用者も多数

 追浜地区で昨年12月から試行されているコミュニティバス「ハマちゃんバス」が、本格運行されることになった。先月21日の横須賀市地域公共交通会議で、試行状況の検証と本実施についての報告が行われた。

 急坂や狭い道が多く、路線バスの走らない高台の交通不便の解消と高齢者の外出を支援しようと、2012年にNPO法人ふぉーらむが立ち上げた「ハマちゃんバス」。当初は乗客や地域の寄付による自主運営だったが、市では昨年4月に有識者や運送事業者等による「地域公共交通会議」を立ち上げ、コミュニティバスの在り方などについて協議。市内で運送事業を展開する日の出タクシー株式会社が同路線の運行を引き継ぎ、12月から施行を続けていた。料金は大人300円・小学生150円、走行ルートは、県営追浜東団地集会所から追浜駅・南共済病院(朝2便のみ)の往復で1日12便。現状では10人乗り車両と7人乗りタクシーを併用している。

利用者は増加傾向

 試行開始から7月31日まで8カ月の平均利用者数は1日に105・3人。1便あたり8・8人で当初の目標人数(1便6人)を上回った。8月上旬(11日間)の平均は10・8人で増加傾向。追浜駅周辺への通院や買い物に利用するケースが多く、地域での周知も広がっていることも受けて、市では「事業性がある」と判断し、今年12月から本格運行に移行することになった。

 同会議の会長を務める中村文彦・横浜国立大副学長は席上で「自主運営から有料への移行に加え、事業者の協力体制が整った極めて珍しいケース」と話した。12月からは14人乗りのワゴン車を導入し、10人・7人乗りの2台を予備車として用意する。利用者の少ない停留所は経由本数を減らすものの便数は変えず、料金は増税後も据え置き。停留所には、路面標示区画線なども新設していくという。

横須賀版のローカルニュース最新6

「本人望む最期」医介連携で

「本人望む最期」医介連携で 社会

三輪医院の千場医師らが講演

9月13日号

華やかなパリ文化を体現

横須賀美術館

華やかなパリ文化を体現 文化

仏女優サラ・ベルナールを特集

9月13日号

「SDGsは“三方よし”」

「SDGsは“三方よし”」 社会

小泉議員が独自の解釈

9月13日号

ドライドック 徒歩で見学

ドライドック 徒歩で見学 文化

事前申込制、市主催のツアー

9月13日号

「経済効果2億円」

ワンピースイベント

「経済効果2億円」 経済

期間折り返しで市が公表

9月13日号

さいか屋で目指せダンサー

さいか屋で目指せダンサー 文化

150周年視野に新企画始動

9月13日号

叶神社例大祭

叶神社例大祭 文化

三浦半島随一の熱気

9月13日号

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月13日号

お問い合わせ

外部リンク