横須賀版 掲載号:2020年2月28日号 エリアトップへ

穴窯の魅力、慕う弟子が伝承 子安の里で作陶、故・岸川さん「遺作展」

文化

掲載号:2020年2月28日号

  • LINE
  • hatena

 郷愁を誘う原風景を色濃く残す西地区・子安の里にある「穴窯」に集まる陶芸愛好家グループ「夢祥窯(ゆめさちがま)会」の作陶展が3月13日(金)から横浜市の港南区民文化センター「ひまわりの郷」ギャラリー(上大岡駅ビル4階)で開かれる。

 穴窯の築造者で昨年3月に87歳で亡くなった故・岸川誠利(せいり)さん=写真=を慕う15人の会員が1周忌の追悼として企画した。岸川さんの陶器を中心に会員の作品を展示する。

 高校の社会科教諭で県立追浜高校や大楠高校に勤務した岸川さん。定年退職後に陶芸の道へと進み、深くのめり込むようになった。67歳の頃、自らの手でレンガを積んだ穴窯と小屋を1年半かけて完成。現在も同会の活動拠点となっている。

 岸川さんは、手で粘土をこねる手捻(てびね)りで釉薬(ゆうやく)をかけない「焼きしめ」という手法にこだわった。自然の灰油が作品に溶け出してつやを与える変化を楽しみ、土本来の素朴さを作品に求めた。人格者としても知られ、小屋に仲間が集まって薪を割り、火を囲みながら談笑して過ごしていたという。「穴窯の魅力にこだわった岸川先生の作品を見て欲しい」と同会の田渕勝廣代表は来場を呼び掛けている。

 作陶展の会期は同月16日(月)まで。時間は午前10時から午後6時(最終日は4時)。入場無料。

家族葬専用ホール「エニシア」

お客様のご要望に合わせて様々な家族葬をご提案致します

http://www.tatsuwaka-sougi.com/

<PR>

横須賀版のローカルニュース最新6

市立学校、17日まで休校

横須賀市 【Web限定記事】

市立学校、17日まで休校 教育

入学式は保護者参加不可

4月3日号

「生き延びるために」

事業者向けコロナ融資

「生き延びるために」 経済

公認会計士が活用を提案

4月3日号

サーカス公演延期

ママの要望叶えたキッズスペース

ママの要望叶えたキッズスペース 社会

追浜 寿徳庵2階に

4月3日号

客足減で「SOS」

マホロバマインズ三浦

客足減で「SOS」 経済

コロナ禍で格安プラン用意

4月3日号

春キャベツたっぷり「タンメン」フェア

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク