横須賀版 掲載号:2020年3月20日号 エリアトップへ

でこぼこ道の子育て記 12.自宅でのリハビリがスタート一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

掲載号:2020年3月20日号

  • LINE
  • hatena

―現在の連載は10年ほど前、子どもたちがまだ小さい頃、介護をしていたときの経験を書いたものです―

 義父と同居する家を建て替える間、共に借家に引っ越してきた私たち。その頃の様子はというと、時々物忘れがあるな…という程度。身の回りのことは自分でこなし、行きつけの飲み屋さんにひとりで出かけたりもしていました。

 そんな中、通院では自分の名前や生年月日など簡単な質問をされるのですが、いざ先生から質問されると答えられなくなり、助けを求めるように私を見る義父。それに気付いた先生が「お嫁さんは向こうを向いていて」と一言。実は、診察の直前に「今日は○月○日だよ」「先生の名前は○○だよ」と教えてしまっていたのでした。でもこれでは病気の進行が分からなくなってしまうので、怒られるのも当然。こういう所が、私がまだアルツハイマーへの理解が足りない部分でした。

 進行を遅らせるための日課は日記。といっても、朝食後に、前日の昼食と夕食、そしてついさっき食べた朝食の内容を書くという簡単なもの(嫁としては日々の食事内容が知られるわけですから、朝昼晩と、それはそれは献立に気を遣いました)。それに加え、漢字と算数のドリルもあったので、毎日私が朝の家事を済ませたあとに義父に付き添い、ひとつひとつ一緒にやらなければなりませんでした。1時間以上かかることも多く、見守るにも根気がいる作業でしたが、この「思い出す」ことこそが病気の進行を遅らせる重要なリハビリなのだと信じ、義父自身も「自助努力だからな」と言って頑張っていました。-次回に続く
 

横須賀版のコラム最新6

でこぼこ道の子育て記

でこぼこ道の子育て記

17.介護生活と「家族」の形一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

9月18日号

でこぼこ道の子育て記

でこぼこ道の子育て記

16.背中を押してくれた父一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

8月21日号

でこぼこ道の子育て記

でこぼこ道の子育て記

15.今の「努力」はどこまで?一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

7月17日号

迅速な対応で市民の「安心」提供

コロナの今、その先─―〈保健福祉〉

迅速な対応で市民の「安心」提供

行政現場で対策に奔走する2人

6月19日号

でこぼこ道の子育て記

でこぼこ道の子育て記

14.「病気だから」割り切る気持ち一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

6月19日号

社会を勇気づけるのは文化の役割

【Web限定記事】コロナの今、その先─ <演劇>

社会を勇気づけるのは文化の役割

横田和弘氏(神奈川県演劇連盟理事長)

6月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月18日号

お問い合わせ

外部リンク