横須賀版 掲載号:2020年6月26日号 エリアトップへ

謎の解明に挑んだ軌跡 桜が丘在住の杉山一夫さん

文化

掲載号:2020年6月26日号

  • LINE
  • hatena
現存最古のパチンコ台を手にする杉山氏。右の台は自作のレプリカ
現存最古のパチンコ台を手にする杉山氏。右の台は自作のレプリカ

 「大衆娯楽の王様」であるパチンコのルーツ解明に血道をあげた三十年来のライフワークの集大成として、桜が丘在住の杉山一夫さんが自宅の一角に「パチンコ誕生博物館」を開設した。今週末の28日(日)から一般公開を開始する。コロナ禍により当初3月に予定していたオープンはずれ込んだが、満を持してのスタートに胸を躍らせている。日曜日のみの事前予約制となるが、展示物に関する時代背景や盤面の動作などを本人がガイドする。

自宅改装 「パチンコ誕生博物館」

  パチンコ誕生にまつわる正しいルーツを解き明かした人はかつて誰もいなかった。業界の力関係で事実が上塗りされ、誤った情報が流布されて常識となっていく。”パチンコ愛”を原点とする台の収集は、いつしか「真実の解明」に興味が移っていった。

 かつての通説は、英国発祥の遊技で戦前に大流行した「コリントゲーム」を起源するもの。横置きのボードゲームだが、盤面を立てるとパチンコに形状が似ているため、業界も大筋でルーツと認めていた。これに異論を唱えたのが杉山氏。特許に関する資料と新聞をとことん調べ上げ、コリントゲームの日本での製造開始年月日がパチンコのそれよりも後であることを突き止め、「ウォールマシーン」と呼ばれる英国のコインゲームであるとの新説をぶち上げた。研究成果を1冊にまとめた『パチンコ誕生 シネマの世紀の大衆娯楽』を出版したのが2008年。所有する現存最古のパチンコ台を東京銀座の画廊で飾る展示を行い、NHKテレビ他に出演したが、パチンコの文化史になんら影響を与えることはできなかった。産業機械としての価値を訴え、業界や公共博物館に台の寄贈を申し込んだが反応は鈍かった。

 あれから12年。状況に変化はないが、「真実の歴史を伝えたい」という思いは変わらない。5000万円の私財を投じて買い求めたコレクションをこのまま埋もれさせてしまうのも悔やまれる。私設博物館には杉山氏の執念が展示されている。

* * * *

 手打ち式パチンコなど約70台を展示。生い立ちと遊技台の技術変遷を辿ることができる。パチンコ型の菓子販売機、日本製ピンボール、スマートボールも飾られている。

■桜が丘1の8の13/日曜日のみ開館/午前11時から午後5時/入館料500円/予約制/【電話】046・834・5851

横須賀版のローカルニュース最新6

3日間だけの公開

児童生徒造形展

3日間だけの公開 文化

今後はWebで展示紹介

1月15日号

感謝の飾り旗寄贈

横須賀法人会青年部会

感謝の飾り旗寄贈 社会

コロナ禍の医療現場を激励

1月15日号

ピンクとイエロー狂い咲き

くりはま花の国

ピンクとイエロー狂い咲き 文化

1月15日号

食料品寄贈 再度呼びかけ

横須賀市

食料品寄贈 再度呼びかけ 社会

1月15日号

おりょうさんに思い馳せ

おりょうさんに思い馳せ 文化

椿優衣さんが新曲制作

1月15日号

中学生が一日署長

横須賀税務署

中学生が一日署長 教育

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「活弁士」と学ぶ無声映画

「活弁士」と学ぶ無声映画

市民大学の特別講座

1月30日~1月30日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク