横須賀版 掲載号:2020年11月20日号 エリアトップへ

国政報告 グリーン社会の実現へ 環境大臣 小泉進次郎

掲載号:2020年11月20日号

  • LINE
  • hatena

 10月26日に菅総理の所信表明演説が国会で行われました。最大のポイントは、地球温暖化の要因となる二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出を実質ゼロにする「2050年カーボンニュートラル」を宣言したことです。これでグリーン社会の実現がデジタル社会の実現に並んで政権の中心課題に位置付けられたことが明確になりました。

 私は大臣就任以来、気候変動対策の強化を訴えてきました。なぜなら、世界各地では温暖化の影響による豪雨や熱波などの異常気象が頻発し、もはや単なる「気候変動」ではなく「気候危機」とも言える状況で、対策を強化することが将来のリスクを減らし、次世代への責任を果たすことになると考えるからです。そして、コロナ後の新たな経済社会をより持続可能なものへと変革し、大きな成長につなげることができるからです。

環境の成長産業化を推進

 安倍内閣の環境大臣としては、石炭政策を見直し、風穴を開けることができましたが、政府内で働きかけてきた2050年までの排出実質ゼロを政府目標とすることまではできなかったので、菅内閣で環境大臣に再任され、その実現を一つの目標としていました。早速思いが叶ったことは嬉しいですが、あと30年でどのように脱炭素社会を実現するか、今後は具体的な段階に入ることを考えると身の引き締まる思いです。

 30年後は決して遠い未来ではありません。脱炭素社会の実現という壮大な目標を達成するにはあらゆる産業やライフスタイルの変革を今からスピード感を持って進めることが不可欠です。環境と経済が好循環する、新たな国づくりに菅内閣は大きく踏み出しました。環境大臣として、省庁の枠を超えた取り組みで環境の成長産業化を進め、責任を果たしてまいります。

小泉進次郎

横須賀市小川町13宇野ビル3階

TEL:046-822-6600

https://shinjiro.info/

横須賀版の意見広告・議会報告最新6

横須賀の「観光」を考えよう

第5回オンライン未来会議

横須賀の「観光」を考えよう

11月27日号

グリーン社会の実現へ

国政報告

グリーン社会の実現へ

環境大臣 小泉進次郎

11月20日号

気候変動対策に全力

国政報告

気候変動対策に全力

環境大臣 小泉進次郎

11月6日号

人口減少時代、私たちに必要な施設とは

人口減少時代、私たちに必要な施設とは

市議会会派 よこすか未来会議

10月16日号

「市民ファーストはどこに」

横須賀新港フェリー計画 意見広告

「市民ファーストはどこに」

横須賀港運協会

10月9日号

来年度予算に市民の声を―政策提言2021

来年度予算に市民の声を―政策提言2021

市議会会派 よこすか未来会議

9月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク