横須賀版 掲載号:2021年2月19日号 エリアトップへ

でこぼこ道の子育て記 22.介護保険の申請へ一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

掲載号:2021年2月19日号

  • LINE
  • hatena

―現在の連載は10年ほど前、子どもたちがまだ小さい頃、介護をしていたときの経験を書いたものです―

 転院先で教えてもらった介護保険。申請をするため市役所へ。義父を家で待たせるわけにもいかず、幼い子どもも一緒に行ったのですが、これが大変。まずは障害福祉課に主治医の診断書と意見書を提出し、要介護認定の申請。次に精神障害者手帳発行の申請…と手続きが多く、書類ひとつ記入するのも一苦労でした。そんな中で覚えているのは、担当職員に「(転院先の)この先生、アルツハイマー病の権威として市内では有名なんですよ」と教えてもらったこと。転院に不安のあった私を、ホッとさせてくれました。

 後日、訪問調査がありました。初回は保健師、介護福祉士など「医療・介護・福祉」の専門知識をもつ職員の方が来てくれます。目的は、介護対象者と直接面談をしながら、身体機能、起居動作、生活機能、認知機能、精神・行動障害、社会生活への適応、日常生活自立度…など、介護認定に必要な項目を調査するというもの。しかし義父の場合、身体機能に問題はなく、人当たりの良い性格から、なかなか短時間の面談で日常の困り感を汲み取ってもらうのは難しいことでした。結果は「要介護1」。今でこそ認知症に対する理解が広がり、配慮されるようになってきているものの、当時の認定基準は厳しかったように思います。そうは言っても、介護保険の申請をしたことで、ケアマネ―ジャーさんが付き、デイサービスを利用できるようになったことは、義父にも私にも大きな変化となりました。   -次回に続く
 

横須賀版のコラム最新6

でこぼこ道の子育て記

でこぼこ道の子育て記

30.次男との幸せなひととき一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

10月22日号

思い出や学び、忘れないで

”わたし”の京急油壺マリンパーク 連載

思い出や学び、忘れないで

中井武さん(マリンパーク館長)

9月24日号

でこぼこ道の子育て記

でこぼこ道の子育て記

29.「他害行為」の事実に直面一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

9月17日号

ともに歩んだ53年に感謝

”わたし”の京急油壺マリンパーク 連載

ともに歩んだ53年に感謝

三上成次さん(マリンパークスタッフ)

9月10日号

息子と愛犬と一緒に楽しんだ

“わたし”の京急油壺マリンパーク 連載

息子と愛犬と一緒に楽しんだ

衆議院議員・環境大臣 小泉進次郎さん

8月20日号

でこぼこ道の子育て記

でこぼこ道の子育て記

28.施設入所後、進む症状一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

8月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook