横須賀版 掲載号:2021年2月19日号 エリアトップへ

現職・新人の2氏に注目 次期衆院選で神奈川11区

政治

掲載号:2021年2月19日号

  • LINE
  • hatena

 衆議院議員の任期満了が10月21日に迫る中、次期選挙に向け、立候補の準備が進められている。

 神奈川11区(横須賀市・三浦市)では、自民党・現職の小泉進次郎氏(39)の出馬が有力視。共産党新人の林伸明氏(54)は出馬の意思を固めている。

 小泉氏は2009年に初当選し、現在4期目。党青年局長や農林部会長、厚生労働部会長などを歴任、現在は環境大臣兼内閣府特命担当大臣(原子力防災)を務めている。

 林氏は現在、党三浦半島地区委員長、神奈川11区国政対策委員長を務めており、17年には横須賀市長選に出馬した。基地問題に取り組み、平和をテーマにした美術作品も発表している。

 他党の動きでは、立憲民主党は「空白区には候補者を立てる」という県連の方針に沿い、擁立を模索中だという。

 前回(17年10月)の衆院選には4人が出馬、投票率は横須賀市52・36%、三浦市49・96%だった。(2月16日起稿)

横須賀版のローカルニュース最新6

認知症支援の今を知る

認知症支援の今を知る 社会

27日にオンライン講演

2月19日号

学びの集大成を披露

学びの集大成を披露 教育

調理製菓専門学校生が作品展

2月19日号

挑戦者求む「eスポーツ県大会」

挑戦者求む「eスポーツ県大会」 スポーツ

中高生対象で26日締め切り

2月19日号

住みよい環境づくり模索

住みよい環境づくり模索 社会

浄楽寺で体験型勉強会

2月19日号

コロナ対応で民意とズレ

タウンレポート

コロナ対応で民意とズレ 社会

「学童の校庭利用」議論巡り

2月19日号

産学連携で「健康経営」推進

産学連携で「健康経営」推進 経済

歯と口腔ケアをテーマに

2月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク