横須賀版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

深田台在住原善伸さん 「日本初」ギター名誉教授に 洗足音大が長年の功績称え

文化

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena
年季の入った楽譜と称号記を背景にギターを構える原さん
年季の入った楽譜と称号記を背景にギターを構える原さん

 深田台在住の原善伸さんがこのほど、クラシックギタリストとしては日本初という名誉教授の称号が洗足学園音楽大学から授与された。「小5からギターを始めて60年。仕事として続けてられたのは奇跡」と喜びを噛みしめる。

 若くしてその才能を認められた原さん。22歳で日本ギタリスト協会新人賞を獲得し、翌年にはドイツに留学。世界各国の音楽家から優れた技術を吸収しながら、現地で音大講師も務めた。30歳を目前に帰国。自宅にギター教室を構え、その音色の美しさを地域住民に伝える傍ら、20年前に洗足音大の教授に就任した。

 門下生からプロを30人以上輩出し、指導者としても確たる地位を築いた。70歳で先月定年を迎えたが、同大から長年に及ぶ功績が称えられた。

 国内外で数多くのリサイタルを開いてきたが、コロナ禍で表現の場を失っていた。それでも立ち止ることなく、「人生の集大成」と位置づけた自身15枚目となるCD制作の真っ最中だ。スペインでは「ギターのベートーベン」とも呼ばれるフェルナンド・ソルの121曲を演奏する大作。当時の音を緻密に再現させるため、羊の腸などで作られた弦を張ったヴィンテージ、通称「19世紀ギター」を巧みに操り、録音作業を進めている。

 「メロディーや伴奏など、1人でさまざまな曲を奏でられるのがギターの魅力。どこにでも持っていけるから相棒のような存在。終生ともに歩んでいけたら」

横須賀版のローカルニュース最新6

3年ぶりに歓喜の胴上げ

横須賀シニアクラブ

3年ぶりに歓喜の胴上げ スポーツ

川崎市長杯で2連覇

5月27日号

「縄文時代」命名の地

「縄文時代」命名の地 文化

旧田戸遺跡に公園設置要望

5月27日号

工作兵5千余名を悼む

久里浜 戦没者慰霊祭

工作兵5千余名を悼む 社会

5月27日号

日本庭園でワークショップ

日本庭園でワークショップ 文化

初夏の「万代テラコヤ」

5月27日号

市井の研究者、独自の視点で

横須賀製鉄所テーマに講演

市井の研究者、独自の視点で 文化

仏医師の功績と機械工作設備

5月27日号

ライブ文化を取り戻せ

ライブ文化を取り戻せ 社会

マスク画描き、音楽業界支援

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook