横須賀版 掲載号:2021年4月9日号 エリアトップへ

同業者が”技”をシェア 料理人ら他ジャンルに学ぶ

文化

掲載号:2021年4月9日号

  • LINE
  • hatena
パン生地の扱い方を説明する森さん(写真右)
パン生地の扱い方を説明する森さん(写真右)

 中華のシェフがパンやピザづくりに挑戦―。市内の飲食事業者が”先生”となって料理人にスキルを伝授する試みが始まっている。

 企画を立ち上げたのは、横須賀中央で焼き肉店を経営する松井則昌さん。これまで、市内の飲食事業者との交流やコラボメニューなどに取り組む中で、「メニューの幅を広げたり、食材の料理法を増やしたり、料理人がスキルアップできる機会を創りたい」と思うようになったという。そこで2月、中華と和食の料理人に声をかけて、同業者向けの教室を初めて開催した。「自分自身もキンピラの作り方や鍋の振り方など、すぐに実践できるスキルを学べた。違うジャンルの料理法を学ぶのは大きな刺激」と松井さん。今月5日には、2回目の教室を実施。法塔ベーカリーの森柾人さんとパティスリークロの黒木賢二郎さんを講師に、パンとスイーツの実習を行った。

 参加したのは、和食や中華の料理人など約20人。パン生地をこねてさまざまな形に成型したり、カスタードクリームを作る様子を見学したりした。「ほかのジャンルの手法や食材の使い方など、料理の世界が広がると思う。持ち帰ったスキルをつなげてほしい」と森さん。衣笠にある中華居酒屋「じぇっと天」の新井城一さんは2月に講師を担当。今回は生徒として参加した。「中華でもスイーツはあるが、似ているけど違う料理法を学べて勉強になった」と語った。

飲食業界の底上げに

 今回は生産者も参加しており「同業者の交流だけでなく飲食店以外の横のつながりも広げる場という側面がある」という松井さん。三浦半島の食材がメディアなどで取り上げられることも少なくないが、そこで登場するのは市外のシェフ。「地元の野菜や海産物を、”地元の料理人”が自信をもって紹介する―そんな循環を作りたい」と話す。コロナ禍で大きな打撃を受けている最中だが、松井さんは「横須賀の飲食業界の底上げや新たなアイデアの創出になれば」と意気込む。今後は2カ月に1回のペースで開催を考えているという。

横須賀版のローカルニュース最新6

聖火ランナー県内駆ける

聖火ランナー県内駆ける 文化

市内の走行は6月29日

4月9日号

引きこもり者の交流拠点

引きこもり者の交流拠点 社会

NPOが「夢カフェ」開設

4月9日号

警察職員の模範に

横須賀署の高橋警部補

警察職員の模範に 社会

市内唯一の表彰選出

4月9日号

N響首席奏者の競演

N響首席奏者の競演 文化

横三教育会館でリサイタル

4月9日号

ラジオで防災啓発

ラジオで防災啓発 社会

市消防局員出演の番組

4月9日号

横須賀の「映え」凝縮

横須賀の「映え」凝縮 文化

フォトコン受賞作を公開

4月9日号

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

N響首席奏者の競演

N響首席奏者の競演

横三教育会館でリサイタル

4月18日~4月18日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク